« 神戸の休日ミニツアー「異人館」「北野工房のまち」「メリケンパーク」「神戸港クルーズ」 | トップページ | 本町のイタリア「Casual Dining grits(グリッツ)」は気軽に楽しめるお店です »

2009/05/25

神戸中華街南京町での屋台の楽しみ方「大同行」「悦記」「皇朝」で麺&豚まん

神戸は横浜や長崎と並んで、三大中華街、南京町がある。港町には中華街が付き物なのだろう?(新型インフルエンザで、神戸も影響を受けていますが、頑張ってほしいです)

私のブログでも過去に「東栄酒家」というお店を紹介したことがあるが、そのときは夜遅くに行ったので、やっているお店が少なく選ぶ余裕がなかった。

今回は逆に時間が早すぎで、レストラン形式のお店はまだ開店前で、やむを得ず屋台形式で営業しているお店ばかりをハシゴしてみた。

Kobe_002 

まずは、「大同行」の「ブラック豚まん」である。こちらのお店はブラック豚まんでは元祖を標榜しているお店である。

Kobe_010

ご覧のように、豚まんの皮の部分にイカスミを練りこんでいるので真っ黒。だが、中は普通の豚まんの餡である。餡は少なめだが、味のほうはイカスミの味もしっかりしていて、まずまず美味しかった。

神戸南京町 大同行 
神戸市中央区栄町通1-3-13
TEL 078-331-5356
10:00~18:30(土日祭は19:30PM)
水曜休(祝祭日は営業)

お次は、「悦記」という山西刀削麺で有名なお店。屋台の山西刀削麺はここだけだそうだ!?

Kobe_004

屋台なので、通りから刀削麺を削って鍋の中に入れる様子がだれでも見ることが出来るが、料理人がジャンパー姿は少しいただけない気もする。(寒いのならジャンパーの上に白衣を着たらいいのでは?)

Kobe_006

私たちが注文したのは、もちろん「刀削麺(600円)」。刀削麺については私も何度か食べたことがあるが、モチモチとした食感がいい。

Kobe_008

あと、フカヒレの入った麺も追加で頼んでみた。こちらは300円であった。

まぁ、あくまで屋台なので、どちらかといえばファーストフード的に食べられる良さはあるものの、味のほうは、特段に美味しいということではなかった。

悦記
神戸市中央区元町通2-5-1
TEL 078-392-2818
10:00~21:00
無休

最後に紹介するのは、「皇朝(こうちょう)」という「世界チャンピオンが作る肉まん・餃子」をウリにしているお店である。

Kobe_014

中国料理世界大会とは、中華料理の本場、中国で4年に一度開かれる、いわば中華料理のオリンピックのこと。

その中国料理世界大会で「特級天心師」の資格を持つ料理人(中国でも40名ほどしかいないらしいが)が、こちらのお店に居るのである。

Kobe_013

そのお店のウリが、こちらの肉まん。一個90円の小さな肉まんであるが、鹿児島産豚肉と無添加ネギを材料に使った肉まんで、小さくてもジューシーな肉汁もたっぷり出て美味しかった。

皇朝
神戸市中央区栄町通り1-3-17
TEL 078-335-1789
10:00~20:00
無休

この記事が気に入ってくださったら下記をクリックお願いします。
人気blogランキングへ

にほんブログ村 グルメブログへ

|

« 神戸の休日ミニツアー「異人館」「北野工房のまち」「メリケンパーク」「神戸港クルーズ」 | トップページ | 本町のイタリア「Casual Dining grits(グリッツ)」は気軽に楽しめるお店です »

関西(大阪・京都除く)のグルメ」カテゴリの記事

コメント

刀削麺大好きオヤジはついコメントしたくなります
数年前,刀削麺の名店台湾の西山へいきました。
博多うどんのルーツのひとつといったところでしょうか
麺の食感がとてもよく似ている様に感じました。
次回神戸訪問時是非この屋台にいかせていただきます。
素敵な情報ありがとうございます。

投稿: 米子三中 | 2009/05/26 08:30

米子三中さん
こんばんは。
はっほ~!
中国の山西省ではなく、台湾の西山ですk!?
知りませんでした。
悦記の刀削麺、すごく美味しいということではなかったですが……。

投稿: あさぴー | 2009/05/26 20:24

スミマセン##訂正です。
店名は山西でした。
(味はトマトベース)

投稿: 米子三中 | 2009/05/27 08:30

米子三中さん
こんばんは。
わざわざどうも!了解です。
大阪の阿波座にはトマトラーメンってのもありますが。

投稿: あさぴー | 2009/05/27 20:16

はじめまして。わたしは古代出雲の金属史に興味をもっていて出雲大社のかえりにちかくの古代出雲歴史博物館にいったことがあります。たくさんの青銅器に圧倒された覚えがあります。あと錆びずに発掘された鉄刀の記憶もあります。島根県安来市のかわらけ谷ってところで発掘されたらしいので古事記などにでてくる三種の神器の一つ草那芸之大刀と関係していそうな不思議な鉄刀だと感じたおもいでがあります。

投稿: 山陰歴史ファン | 2010/01/07 21:17

山陰歴史ファンさん
はじめまして。
コメントありがとうございます。
出雲歴史博物館へは私も行きました。
多くの銅鐸、銅剣は印象に残って印すが、鉄刀の記憶があまりありません。(^^;;
でも、古代の日本海側の素晴らしい文化に触れて感動した思い出があります。

投稿: あさぴー | 2010/01/08 21:41

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/70453/44870040

この記事へのトラックバック一覧です: 神戸中華街南京町での屋台の楽しみ方「大同行」「悦記」「皇朝」で麺&豚まん:

« 神戸の休日ミニツアー「異人館」「北野工房のまち」「メリケンパーク」「神戸港クルーズ」 | トップページ | 本町のイタリア「Casual Dining grits(グリッツ)」は気軽に楽しめるお店です »