« GW新緑の京都で昔の思い出探し「京祇園かな」「龍(竜)安寺」「嵐山」 | トップページ | イカスミの黒いカレーソースが名物の「船場カリー 南久宝寺店」はクセになる?味 »

2009/05/29

南港の「創作麺処 つる」で食べた「つるらーめん」と「坦坦面(何故かこの字を使う)」

先日紹介した大阪南港の「海遊館」。そこへ行く途中に食べたのが今日紹介する「創作麺処 つる」である。

Tenpozan_018

あまり下調べもせずに飛び込みで入ったお店で、お店の前の看板に本日リニューアルオープンと書いてあったので、興味深々入ってみた。

本当は、リニューアル記念で通常850円のことろを650円になっている茶碗蒸しラーメンといのにも興味があったが、結局頼んだのは、私は「つるらーめん」のランチセットである「つるセット」。

「つるらーめん」に餃子とライスが付いて800円であった。「つるらーめん」はお店のウリのベーシックなラーメン。基本はとんこつ塩醤ラーメンだそうだ。

Tenpozan_009

お店に書かれていた説明書きによると「当店のスープは、豚骨・牛骨・鳥がら・野菜などの24種類の天然素材で作ったあっさりとんこつスープです。」と書かれていた。

確かに一口スープを飲んでみると、見た目は濃いそうだが、少し味が薄い気がする。

そこで、塩醤(えんじゃん)と呼ばれる醤油に伊豆大島の天然塩を混ぜ合わせたものを好みに応じて加えると、味のほうも調えられる。

Tenpozan_008

セットには、餃子(シソ入り)とライス・漬物が付いている。餃子のほうは博多風の小さな餃子であった。

妻のほうは、「坦坦面」をオーダー。1,200円と少し高かったので、どんな坦坦麺が出されるのか興味津々。出されたのがこちら。肉味噌の上に、中華のおこげのようにお米を揚げたものが乗せられている。それに豚の角煮がトッピングされている。

Tenpozan_010

右の方口にはダシが入っていて、そのまま食べたあとにかけて食べるという、二つの違った食べ方を楽しめる麺になっている。

味のほうは、私も一口もらったが、コクがあって美味しかった。ただ、1,200円という値段は少し高いかな?

創作麺処 つる
大阪市港区築港3-6-7
TEL 06-6576-6826
11:30~(L.O.14:00)
17:00~(L.O.22:00)
土日祝11:30~(L.O.15:00)
17:00~(L.O.22:00)
火曜休(祝は営業)

この記事が気に入ってくださったら下記をクリックお願いします。
人気blogランキングへ

にほんブログ村 グルメブログへ

|

« GW新緑の京都で昔の思い出探し「京祇園かな」「龍(竜)安寺」「嵐山」 | トップページ | イカスミの黒いカレーソースが名物の「船場カリー 南久宝寺店」はクセになる?味 »

大阪(ラーメン)」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/70453/44870160

この記事へのトラックバック一覧です: 南港の「創作麺処 つる」で食べた「つるらーめん」と「坦坦面(何故かこの字を使う)」:

« GW新緑の京都で昔の思い出探し「京祇園かな」「龍(竜)安寺」「嵐山」 | トップページ | イカスミの黒いカレーソースが名物の「船場カリー 南久宝寺店」はクセになる?味 »