« 大阪に来て初めてのバー、北新地「ダイニング&バー ベッソ」 | トップページ | こてこて大阪を満喫できる「新世界」のたこ焼き2軒「タコ天閣」と「かんかん」 »

2009/05/16

福岡呉服町「みやけうどん」はファーストフードよりもすばやく出される博多うどんのお店

さて、久しぶりの福岡ネタである。4月後半に福岡に出張の折に食べたものを紹介したいと思う。

Miyakeudon_002

そのお店は、博多うどんの老舗「みやけうどん」である。五木寛之のエッセイ「ゴキブリの歌」にも登場するし、このお店のすぐそばにある承天寺には「饂飩蕎麦発祥之地」の石碑も建っていて、いわば「うどん」の歴史を背負っているようなお店なのである。

「みやけうどん」については、私も知識不足で、福岡に2年住んでいても知らなかったのだが、いつも私のブログを見ていただいている米子三中さんから教えていただいた。米子三中さん、どうもありがとうございます。

お店には夕方、帰りの飛行機まで少し時間があったので、博多駅から少し回り道をして入った。先客は一人。お店の人がこちらがまだ席に座る前に注文を聞いてきた。

メニューは一種類で「うどん」のみ300円。シンプルである。それに、丸天、えび天、ごぼう天、わかめ、玉子、きつねのトッピングが各80円である。

私はごぼう天を乗せることにした。驚いたことに、座って本当にすぐ! 1分ほどで注文の品が目の前に運ばれてきた。(^^;;

Miyakeudon_001

麺は超極太なので、本来は湯掻くのに時間がかかるはずだが、事前に湯掻いてある麺を、大きな釜で温めて出すようだ!?

ごぼう天は、福岡の一般的なお店で出されるごぼう天のようなものではなく、かき揚天のような丸いごぼう天であった。ただ、中にはごぼうは、2~3切れほどしか入っていないので、若干拍子抜けの感も……。

うどんそのものは、太いのでモチモチした食感で、どちらかといえば 「ほうとう」のような感じである。ダシはなかなか好み。ネギも入れ放題。

博多うどんも奥が深いことは、前にも書いたことがあるが、今日紹介した「みやけうどん」もなかなかの個性派である。ごぼう天は少し残念であったが、380円の値段を考えると行って損はないお店だと思う。

みやけうどん
福岡市博多区上呉服町10-24 
TEL 092-291-3453
11:00~18:30(土)~17:30
日祝休

この記事が気に入ってくださったら下記をクリックお願いします。
人気blogランキングへ

にほんブログ村 グルメブログへ

|

« 大阪に来て初めてのバー、北新地「ダイニング&バー ベッソ」 | トップページ | こてこて大阪を満喫できる「新世界」のたこ焼き2軒「タコ天閣」と「かんかん」 »

福岡(うどん・そば)」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/70453/44869887

この記事へのトラックバック一覧です: 福岡呉服町「みやけうどん」はファーストフードよりもすばやく出される博多うどんのお店:

« 大阪に来て初めてのバー、北新地「ダイニング&バー ベッソ」 | トップページ | こてこて大阪を満喫できる「新世界」のたこ焼き2軒「タコ天閣」と「かんかん」 »