« 難波のたこ焼き屋さん紹介2「本家会津屋」はたこ焼きの元祖?と難波の人気店「わなか本店」 | トップページ | 大阪のカレーの老舗「インデアンカレー南店」は本格派のカレーでした »

2009/04/13

警固の「握飯BAR 入ゑ」は肴で飲み握飯で〆!粋なお店でした

Irie_001 モサオさんfukuさんが紹介していたので、前から知っていた警固の「握飯BAR 入ゑ」。

前から知っていたが、この年になると、夜飲んだ後は極力炭水化物は食べないようにしてきたので、これまで行くことがなかった。

福岡を去る間際に、出張帰りのある日。ふと思い出し行ってきたので書きたいと思う。

結論から書くならば、握飯だけではなく、色々なつまみ系の種類も豊富でお勧めのお店である。

行ったのは平日の夜。開店が19時ということで、お店に入ったのは20時少し前。先客は誰も居なかった。聞くと、混みだすのは夜半過ぎだそうだ。

元々、中州のおむすび専門店で働いていたご主人が、一人で切り盛りしている。お店ののウリの「握飯」も、修行していたお店が「おすむび」だったので、「握飯」としたということであった。早めの時間だったのでご主人とも色々な話が出来たのでよかった。

Irie_005

まず、お通し。

Irie_002

その後、おでんを三品注文。おでんは関東風。だいこん、鰯のつみれ、厚揚げである。なかなか美味しかったが、特にだいこんが汁が染みて美味しかった。

Irie_008

こちらは、「きびなごの一夜干」。上品な味で、こちらも酒の肴にはいい感じである。

Irie_009

そして、春らしく「つくしとホタテのかき揚」。揚げたてでサクッと美味しく揚がっていた。

Irie_010

お次は「白魚の塩辛」。こちらは、この日が誕生日の私へのご主人からのプレゼントでした(笑い)。ちなみに嫁はこの日は送別会。(^^;;

最後の〆は、もちろん握飯である。まずお勧めを確認すると、「塩鯖」ということであったので、そちらと福岡の名残惜しんで「めんたいこ」を頼むことにした。

Irie_011

握飯の握り方が粋!手際もいいので見ていても楽しい。もちろん、塩梅もよく美味しかった。ちなみに、握飯はお茶漬けにしても美味しいそうで、お土産に買っていき、家で翌朝、お茶漬けにして食べる人も多いそうである。

去る間際に初めて行ったのが残念。このようなお店であれば、もっと早めに行けばよかったと後悔した。

握飯BAR 入ゑ
福岡市中央区赤坂3-13-31
朝日プラザ赤坂II1F
TEL 092-761-8528
19:00~05:00
日曜休

この記事が気に入ってくださったら下記をクリックお願いします。
人気blogランキングへ

にほんブログ村 グルメブログへ

|

« 難波のたこ焼き屋さん紹介2「本家会津屋」はたこ焼きの元祖?と難波の人気店「わなか本店」 | トップページ | 大阪のカレーの老舗「インデアンカレー南店」は本格派のカレーでした »

福岡(バー・お酒)」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/70453/44466564

この記事へのトラックバック一覧です: 警固の「握飯BAR 入ゑ」は肴で飲み握飯で〆!粋なお店でした:

« 難波のたこ焼き屋さん紹介2「本家会津屋」はたこ焼きの元祖?と難波の人気店「わなか本店」 | トップページ | 大阪のカレーの老舗「インデアンカレー南店」は本格派のカレーでした »