« 東京日本橋界隈ランチ事情「キッチンジロー」のメンチかつと「いわ瀬」のランチ | トップページ | 休日のランチはゆっくりとカフェめし!上人橋通り「ニコ・アール・カフェ」 »

2008/11/30

今泉上人橋通り「銀ノ板」のお好み焼はふわふわヘルシーで胃にもたれない?

大阪や広島に行く機会が多いので、お好み焼は両地で食べることが多く、福岡では行くことが少ない。

Ginnoita_005

11月の三連休。妻が仕事だったので一人で外食することに。行ったのが「銀ノ板」という鉄板焼きとお好み焼のお店である。

靴を脱いで中に入ると、4mはあろうかという大きな鉄板が目に飛び込む。これは期待できそうだ!?(ただし実際は焼くのは1~2人なので、鉄板の半分くらいしか使っていなかったが)

さて、お好み焼を食べる前に、ビールとつまみを食べようとメニューを見渡すと、鉄板焼きは肉系のものが多く、結局、こちらの「チャンジャ(380円)」(枝豆はお通し)と、

Ginnoita_002

「自家製べーコンとホウレン草のシーザーサラダ(680円)」を頼むことにした。

Ginnoita_003

その後、メインのお好み焼を注文するが、肉が入っていないのは「海の幸焼(1,680円)だけだったので、値段がちと高い気がしたが、そちらを注文することにした。

座ったのが鉄板の前のカウンター席で、調理の様子をつぶさに見ることが出来たのだが、こちらのお好み焼は、あらかじめ生地とキャベツを冷蔵庫で寝かせてある。

注文を受けてから、メレンゲを入れ、それを案外時間をかけてかき混ぜてから、鉄板の上で焼き始める。普通お好み焼といえば、空気を生地に含ませて焼かないとふわっと焼きあがらないので、そんなにかき混ぜないのが普通だが、こちらのお好み焼はそうではない。大丈夫だろうか?

そして、魚介のアワビ(というより「トコブシ」の大きさだが)とホタテは別に調理される。

Ginnoita_004

出来上がりがこちら。焼きあがってからソースとマヨネーズをかけ、メレンゲをさらに乗せて、最後に、別に調理したアワビとホタテが乗せられて出される。

アワビとホタテはつまみで食べ、いよいよお好み焼を食べるのだが、見た目はボリュームがあって、お腹が膨れそうな気がしたが、一口食べてビックリ!意外に軽い。小麦粉の感じがほとんどしないのである。そして口に入れると、溶ける感じがする、ちょっと変わったお好み焼である。

キャベツも入っているのだが、みじん切りにされていて食感があまりない。唯一、食感としてあるのが、中に入れられた具である海老である。

これだけふわふわに焼かれているのは、山芋とメレンゲのおかげ?小麦粉もキメの細かいものを使っているのだろう?

食感としては、最近、関西のお店でも見かける山芋だけで小麦粉も使わないお好み焼に似ている。なるほど、アワビやホタテが中に入らないのは、この食感を大切にしているからかな?

でも、これだと、飲んだ後食べても胃がもたれない気がした。女性にも受けるだろう?

鉄板焼・お好み焼き 銀ノ板
福岡市中央区今泉2-4-35-2F
TEL 092-732-3333
12:00~15:00
17:00~25:00
不定休

この記事が気に入ってくださったら下記をクリックお願いします。
人気blogランキングへ

にほんブログ村 グルメブログへ

|

« 東京日本橋界隈ランチ事情「キッチンジロー」のメンチかつと「いわ瀬」のランチ | トップページ | 休日のランチはゆっくりとカフェめし!上人橋通り「ニコ・アール・カフェ」 »

福岡(屋台・エスニック・その他)」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/70453/43000024

この記事へのトラックバック一覧です: 今泉上人橋通り「銀ノ板」のお好み焼はふわふわヘルシーで胃にもたれない?:

« 東京日本橋界隈ランチ事情「キッチンジロー」のメンチかつと「いわ瀬」のランチ | トップページ | 休日のランチはゆっくりとカフェめし!上人橋通り「ニコ・アール・カフェ」 »