« 警固の人気のカフェ「cafe Teco(カフェ テコ)」でハンバーグのカフェランチ | トップページ | 岡山でぶらりと入った南欧料理のお店「イル・ブルスケッタ(Il Bruschetta)」 »

2008/09/25

駅弁シリーズ、東京駅(品川)「貝づくし」と京都駅「京のおばんさい」はどちらもおすすめ

さて、恒例の駅弁シリーズ。今回は東海道新幹線の駅弁である。

今回紹介する東京駅(品川)の「貝づくし」と京都駅「京のおばんさい」は、両方ともJR東海の関連会社、ジェイアール東海パッセンジャーズが販売している駅弁である。

最近は関西も担当地区になったために、前よりも新幹線を長い時間利用することが多くなった。そのため、時間の節約もあって食事を新幹線の中で取ることも多い。

Ekiben_001 さて、まず紹介するのは東京駅や品川駅で売っている「品川貝づくし」という駅弁で900円である。名前に品川という地名がつけられているのは、品川の近くにある大森貝塚や、昔は品川も海に近く、江戸前の貝が豊富に取れたことから漬けられたのかな?

基本的には炊き込みご飯好きな私なので、この手の駅弁は大好きな部類である。

ふたを開けると、中のご飯が見えないほど、ハマグリ、アサリ、しじみ、貝柱がたっぷりと乗せられている。

Ekiben_003

ニンジン、タケノコ、ゴボウ、フキの煮物と玉子焼、野沢菜もおかずで添えられていて、まずはビールをこれらをつまみに飲む。

上に乗せられている貝は、少し甘めの味付けであるが、炊き込みご飯の味も含めて個人的な味の好みなので、900円という値段から考えるとお得な駅弁だと思う。

お次は、京都駅の「京のおばんさい」という駅弁。こちらは1,000円である。

Ekiben_004

「おばんざい(お番菜)」とは、四季折々の素材を使って作る京都の家庭で普段食べている家庭料理のことで、いわゆる「お惣菜」のことである。最近は和食の領域でも、どちらかというと高級な料理のイメージが付いてしまった感がある。

そんなおばんざいを使った駅弁が「京のおばんさい」である。

京都府が行っている「きょうと健康長寿日本一プラン」の一環として、健康長寿を目指す食生活のきっかけにしてもらおうと企画した「健康ばんざい 京のおばんざい弁当シリーズ」に認定されている駅弁の一つである。

弁当の規格基準については、京都府のHPに書かれているので、こちらを見て欲しい。

ご飯は、ちりめん山椒をまぶした御飯。メインのおばんざいには20種類以上の食材を使っていて、栄養のバランスもよく、それでいて京都らしい駅弁に仕上がっている。

Ekiben_006

南瓜と小豆の従弟煮、大豆とひじきの旨煮などの惣菜、さわら西京焼き、たらの芽天ぷら、タケノコの土佐煮、フキ、玉子焼き、ひじきなどがおかずに入れられている。

こちらの駅弁も、ビールのつまみになるおかずがたくさん入っていて、ご飯にはちりめん山椒がかけられているので、おかずがなくなってもそれだけで食べることが出来るのでうれしい。

さて、皆さんも、旅のお供、ビールのお供に、これら二つの駅弁はいかがだろう?

この記事が気に入ってくださったら下記をクリックお願いします。
人気blogランキングへ

にほんブログ村 グルメブログへ

|

« 警固の人気のカフェ「cafe Teco(カフェ テコ)」でハンバーグのカフェランチ | トップページ | 岡山でぶらりと入った南欧料理のお店「イル・ブルスケッタ(Il Bruschetta)」 »

東京・横浜のグルメ(和カテゴリー)」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/70453/42255653

この記事へのトラックバック一覧です: 駅弁シリーズ、東京駅(品川)「貝づくし」と京都駅「京のおばんさい」はどちらもおすすめ:

« 警固の人気のカフェ「cafe Teco(カフェ テコ)」でハンバーグのカフェランチ | トップページ | 岡山でぶらりと入った南欧料理のお店「イル・ブルスケッタ(Il Bruschetta)」 »