« このお盆に小松で食べたもの「らーめん世界」の味噌ラーメンと「クッチーナ」のパスタ&ピッツァ | トップページ | 広島でなかなかいい居酒屋を見つけました「無櫓火」は焼酎と旨い肴を楽しめるお店 »

2008/09/09

初体験のうなぎの串焼き専門店、大阪心斎橋「寝床」でうなぎ三昧

うなぎの串焼き専門店があるとは、私も初めて知った。暑い夏も終わったが、夏バテが出るのは今の時期かもしれない。

さて、私もあまり大阪の中心地には宿泊しないのだが、たまたま夜移動ということで途中の心斎橋で宿泊することにした。

Nedoko_001

見つけたのが「寝床」という名前のお店。お店の名前は「うなぎの寝床」にひっかけているのだろうが、お店自体は「うなぎの寝床」とは全く違った立派なお店であった。ただ、2階にお店があり、少しお店を探すのに時間がかかった。

中に入ってみると、4人がけのテーブル席が3つと、カウンター席が8席の比較的小さなお店で、私がお邪魔したのは金曜夜9時前ということで、最初の客は一巡したようで半分ぐらいの入りだった。

今回、この後、たこ焼きを食べるつもりだったので、こちらのお店では軽めの品で済ますつもりだった。

Nedoko_002

で、頼んだのはうなぎの串焼き5種盛り。壁に貼られているメニューを見ると、串焼きは7種類あって、一本250円か300円となっていた。何が出されるかはわからないが、盛り(1,300円)のほうがお得だ。

Nedoko_003

最初に出されたのはお通しで「焼ナス」。

Nedoko_004

串焼きの最初は「ハラミ」。ハラミはうなぎの腹の白いところを焼いたもの。塩だけでさっぱりと焼き上げられて、思ったよりあっさりとした味付けであった。

Nedoko_005

次に出されたのは「肝」。濃厚な味でつまみに最高!

Nedoko_006

そして「短冊」。白焼きしたうなぎに、おろしポン酢でさっぱりと食べる。

最後の一皿は「つくね(左)」と「ニラ(右)」。

Nedoko_007

「つくね」はうなぎをミンチにしてパン粉をつけて焼いたもの。身そのものは柚子の香りがほんのりと、さっぱりとしている味。「ニラ」は、ニラを芯にしてうなぎを巻いてある。こちらは蒲焼でニラとうなぎの相性もなかなかいい。

これで5種盛りは終わり。計1,400円なので1,300円の値付けは少しお得。ここで、メニューにある7種類の残り2つを追加で注文することにした。

Nedoko_008

こちらは「ゴボウ」。ゴボウを芯にしてうなぎを巻いてあるもの。蒲焼だが味は上品。

Nedoko_009

こちらは「ツラ」。ツラはうなぎの頭の部分で、コリッとした食感がいい。

全体的に、味付けは上品で薄め。テーブルにあら塩、タレ、山椒が置いてあるので、好みに応じて利用したほうがいい。

寝床
大阪市中央区東心斎橋2-6-11
 三津寺リーズビル二階
TEL 06-6211-0679
18:00-26:00
日曜休

大きな地図で見る

この記事が気に入ってくださったら下記をクリックお願いします。
人気blogランキングへ

にほんブログ村 グルメブログへ

|

« このお盆に小松で食べたもの「らーめん世界」の味噌ラーメンと「クッチーナ」のパスタ&ピッツァ | トップページ | 広島でなかなかいい居酒屋を見つけました「無櫓火」は焼酎と旨い肴を楽しめるお店 »

大阪( 和食・割烹)_」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 初体験のうなぎの串焼き専門店、大阪心斎橋「寝床」でうなぎ三昧:

« このお盆に小松で食べたもの「らーめん世界」の味噌ラーメンと「クッチーナ」のパスタ&ピッツァ | トップページ | 広島でなかなかいい居酒屋を見つけました「無櫓火」は焼酎と旨い肴を楽しめるお店 »