« 明日は今年2回目の土用の丑の日「柳川屋」は「うなぎせいろ蒸し」を命名したお店 | トップページ | 博多駅前ランチ事情15和食編「旬彩ダイニング あじと」「味処ひさ」の焼魚の定食 »

2008/08/05

さようなら!広島市民球場、久しぶりのプロ野球と球場のお弁当

福岡ではヤフードーム、そして東京ドームなどではプロ野球を観たことはあるが、広島市民球場では、これまで一度も野球観戦をしたことがない。

Hiroshima_025

ただ、広島市民球場は本年度で取り壊しになるので、本シーズンに野球観戦できないと、結局行くことが出来なくなる。

ちょうど、関西より移動で18時半に広島に着いたので、記念にと広島市民球場に足を運ぶことにした。

広島市民球場は、セントラル・リーグの広島カープが本拠地としている野球場である。施設自体は広島市が所有している。

球場が出来てから50年以上経っていて老朽化が激しいので、来年4月のオープンを目指して、現在新球場が建設されているが、現在ある広島市民球場は中区のど真ん中。原爆ドームのすぐそばに位置しており、こんなに便利なところにある球場がなくなるのは、ちょっと惜しい気がする。

Hiroshima_021

チケットは3塁側のA指定、3,200円であった。観客席からグランドまで他の球場に比べて近いので臨場感はある。

さて、野球観戦に生ビールは欠かせない。そして、今回はビールのつまみを兼ねて買ったのが、こちらの「闘魂!!若武者弁当」。

Hiroshima_018

本当は「さよなら市民球場弁当」を買いたかったのだが、残念ながら売り切れであった。

「闘魂!!若武者弁当」は、広島カープの栗原、梵、大竹のカープの若手3選手を取り上げて作られた弁当で、内容は3選手の好物を詰め込んでいるらしい。

ちなみに、3選手の好物は下記の通りである。

栗原:鶏のから揚げ、ウインナー、煮たまご
梵:パスタ、鶏のから揚げ、エビフライ、カツ
大竹:鶏のから揚げ、カツ

そして、ご飯の上には勝利のVサインと常に塁を埋めて欲しいと3つのベース上の赤ヘルを赤い明太子で表現。また縁起をかついだ食材(見通しがよい=れんこん、根強い=ごぼう)を取り入れいる。ははは。こだわっているが説明がないとわからない。(^^;;

最後に、明日は広島原爆の日。全ての原爆犠牲者の御霊に哀悼の意を捧げるとともに、改めて世界平和を祈りたいと思います。

この記事が気に入ってくださったら下記をクリックお願いします。
人気blogランキングへ

にほんブログ村 グルメブログへ

|

« 明日は今年2回目の土用の丑の日「柳川屋」は「うなぎせいろ蒸し」を命名したお店 | トップページ | 博多駅前ランチ事情15和食編「旬彩ダイニング あじと」「味処ひさ」の焼魚の定食 »

旅行・地域」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/70453/41887527

この記事へのトラックバック一覧です: さようなら!広島市民球場、久しぶりのプロ野球と球場のお弁当:

« 明日は今年2回目の土用の丑の日「柳川屋」は「うなぎせいろ蒸し」を命名したお店 | トップページ | 博多駅前ランチ事情15和食編「旬彩ダイニング あじと」「味処ひさ」の焼魚の定食 »