« 一幸舎のセカンドブランドのお店「博多 元助」のつけ麺は魚介豚骨の濃い味でした | トップページ | 高松に本店があるお店の福岡店だから本場の味が楽しめる「さぬきうどん 大木戸」 »

2008/07/12

四国愛媛の宇和島で本場の鯛めし食べてきました「郷土料理 かどや」

愛媛にも月に一度ほど行くことがあるが、これまで南予のほうには足を踏み入れたことがなかった。

仕事で宇和島まで行く機会があったので、前から食べてみたかった「鯛めし」を昼食時に食べたいと思い、入ったお店が「郷土料理 かどや」。外観はファミレスのような感じだが、郷土料理を看板に掲げるからには「鯛めし」も置いてあるだろう?

「鯛めし」は農水省が選んだ郷土料理百選にも選ばれている郷土料理で、醤油、みりん、玉子、ごま、だし汁をあわせてタレに漬け、そのままご飯にかけて食べるもので、その昔、平安時代にこの地で活躍した水軍が、酒を飲んだ器にご飯を盛って、その上に鯛の切り身を乗せ、船上でそのまま食べたといわれる「ひゅうが飯」として伝えられた料理だそうだ。

元々は、赤身・青魚・白身の魚等、刺身になる魚であれば何でもokだったそうだが、近年になってから鯛が使われることが多くなり、鯛めしとして知られるようになった。

で、こちらが、その鯛めしである。「郷土料理 かどや」の鯛めしは、タレにつけたときに余分な油分が浮くことを避けるために、天然の鯛を使っているそうである。

Taimeshi_001

ただ笑ったのは、鯛の切り身が乗せられている器である。お店のホームページでも、添えられていた説明文でも、器は「鯛の姿」だったのに、出されたものは、ご覧のように陶器製のものであった。想像するに、昨今の「使いまわし」問題の影響なのではないだろうか……?

Taimeshi_003

肝心の味のほうであるが、タレとタマゴ、それに鯛や海草、シソの葉などをよく混ぜ合わせてご飯にかけ、タレも適当な量を暖かいご飯にかけて食べると、それがなかなか旨い!

これだと、ご飯の量も相当すすむ。ただ、鯛の切り身の量と値段のバランスに関しては、もう少し鯛の量が多くてもいいと思った。

でも、やっぱり宇和島まで訪れて食べる「鯛めし」の味は格別であった。

郷土料理 かどや 弁天町店
TEL 0895-25-2511
宇和島市弁天町1-4-6
TEL 11:00~21:30
無休

この記事が気に入ってくださったら下記をクリックお願いします。
人気blogランキングへ

にほんブログ村 グルメブログへ

|

« 一幸舎のセカンドブランドのお店「博多 元助」のつけ麺は魚介豚骨の濃い味でした | トップページ | 高松に本店があるお店の福岡店だから本場の味が楽しめる「さぬきうどん 大木戸」 »

四国のグルメ」カテゴリの記事

コメント

はじめまして、
鯛飯の食べくらべが好きな、鯛飯好きの「えひめん」です。

愛媛の鯛めし情報を収集していたら、あさぴーさんのブログを発見しました。
「愛媛県宇和島の鯛めし」って独特な食べ方ですよね。
郷土料理 かどや 弁天町店行ってみます!

鯛飯のタレが旨い(笑)

そうそう、鯛飯のおすすめは「ほづみ亭」です。
最近ホームページできなみたいですwww.hozumitei.com
酒のおつまみにぴったりな、おつまみも豊富なお店ですヨ。

投稿: えひめん | 2009/04/07 18:04

えひめんさん
はじめまして。
コメントありがとうございます。
なかなか宇和島まではいけませんが、私も鯛めし好きです。
今後ともよろしくお願いします。

投稿: あさぴー | 2009/04/07 19:00

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/70453/41598017

この記事へのトラックバック一覧です: 四国愛媛の宇和島で本場の鯛めし食べてきました「郷土料理 かどや」:

« 一幸舎のセカンドブランドのお店「博多 元助」のつけ麺は魚介豚骨の濃い味でした | トップページ | 高松に本店があるお店の福岡店だから本場の味が楽しめる「さぬきうどん 大木戸」 »