« 神奈川鶴巻温泉「元湯 陣屋」は将棋の対局で有名な温泉旅館です | トップページ | 薬院「蕎麦 ひら川」はインテリア・器・素材にこだわった粋なお店でした »

2008/05/07

久しぶりの「麺劇場 玄瑛」で新作ラーメン「双頭蝦楼(そうとうしゃーろう)」を楽しんできました

Genei_001 4月13日に放映されたTV番組「ナイトシャッフル」で、Ⅴ6のメンバーが食べているのを見て行きたいと、さっそく思い出かけてみた。

そこで食べていたのが、新作のラーメン「双頭蝦楼(そうとうしゃーろう)」という芝海老の鬼殻焼きで作った薫り油と焦がし醤油味のラーメン。最後にはお茶漬けで食べることも出来るという興味をそそられるラーメンであった。

行ったのは4月の中旬の日曜日のお昼。いつも混んでいるので開店の11:30の10分前に着いたのだが、10数名がすでに順番待ち。残念ながら一順目に入ることが出来なかったので。結局席につけたのは12時であった。

こちらが、その「双頭蝦楼(そうとうしゃーろう)」で1,500円也!ラーメンとしてはとても高い!

Genei007

具材は、桜海老、炙りチャーシュー、白ネギなどの香味野菜。コスト的にもあんまりかかっていない?

ベースは、これまでもメニューにあった「潮薫醤油拉麺」。もしくは「双頭蝦楼」と同じくお茶漬けが着いた「海老薫 醤油拉麺」のような感じかな?

「双頭蝦楼」は最初はそのまま。その後「日向夏」を絞って味に変化を!最後はお茶漬けにして食べるという三段階の味を楽しめるのがウリだが、「海老薫 醤油拉麺」が1,000円だったことを考えると、1,500円はちょっとお高い気がする。

Genei008

そして最後は、ご覧のようにお茶漬けにして食べるのだが、これは意外にイケた!わさびとの相性もいい。

さて、若干有名になりすぎたきらいもある「麺劇場 玄瑛」。これからどのような道をすすんでいくだろう……?注視してみたい。

麺劇場 玄瑛
福岡市中央区薬院2-16-3
TEL 092-732-6100
11:30~14:30(OS)、18:00~24:30(LO)
日祝11:30~22:00
無休

この記事が気に入ってくださったら下記をクリックお願いします。
人気blogランキングへ

にほんブログ村 グルメブログへ

|

« 神奈川鶴巻温泉「元湯 陣屋」は将棋の対局で有名な温泉旅館です | トップページ | 薬院「蕎麦 ひら川」はインテリア・器・素材にこだわった粋なお店でした »

福岡(ラーメン・ちゃんぽん・皿うどん)」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/70453/40942528

この記事へのトラックバック一覧です: 久しぶりの「麺劇場 玄瑛」で新作ラーメン「双頭蝦楼(そうとうしゃーろう)」を楽しんできました:

« 神奈川鶴巻温泉「元湯 陣屋」は将棋の対局で有名な温泉旅館です | トップページ | 薬院「蕎麦 ひら川」はインテリア・器・素材にこだわった粋なお店でした »