« 辰口の住宅街にひっそりとある「手打ちそば山崎」でおろし蕎麦を食べてきました | トップページ | 長浜ラーメンの元祖「元祖長浜屋」へ閉店間際に行ってきました!+「吉祥飯店長浜店」 »

2008/04/06

大手門にあるちょっと高級な居酒屋「平」はネタと器にこだわりのお店

今回のお店は、「ヒマな女の日常」のなみの介さんのブログで見て行ってみることにしたお店。

この後で、「福岡no街」のfukuさんも書いていた。いままで、大手門あたりにこのようなお店があるとは知らずに、足が向いていなかったのだが、「平」には、何気に第六感が働いた。

Taira_004

伺ったのは土曜の夜。当日の予約だったがカウンター2名は空きがあった。最初、場所がわからずに電話で確認。ちょうど、明治通りと昭和通りの間に店はある。お店には靴を脱いで入る。カウンター席と座敷があって、25~6人ほどが入れるだろうか?

どうもオーナーが宮崎出身らしく、日向地鶏や、宮崎の郷土料理「冷汁」など、宮崎の味を楽しむことができる。

Taira_007

カウンターの中には板さんが4名。で、カウンターの上には大皿料理が並べられている。どれも美味しそうだが、ただ肉を使ったものが多く、今回はその中から「季節の野菜の炊き合わせ」と「玉子焼き」を注文。

Taira009

付き出しは「菜の花のおひたし」。

Taira_005

そして、酒のつまみに「たこちゃんじゃ(500円)」。

Taira_008

お造りのネタの種類も豊富で何にしようか迷ったが、単品のお造りの値段も結構したので、結局盛り合わせを注文することにした。しかし、一人前で2,000円で、かつ2人前からしか頼めないので、私たち2人でお造りだけで4,000円が必要ということになる。

Taira_006

他のメニューもそうだが、居酒屋としては若干値段が高め。ただ、お造りもそうだがネタはいい。馬刺しとくじらは食べていないが、トロは口の中でとろけるほど上品な脂が最高。鳥貝も厚い身だったし、甘みが引き立ったイカの上に乗せられていた赤ウニは唐津産。

ネタがいい9品の味を楽しめて、2,000円を高いと見るか安いと見るかは評価が分かれるところであるが、たまの贅沢を楽しみたいのであればお勧めのお店だ。

Taira_013

こちらは、「穴子の白焼き(1,200円)」。あら塩とわさび醤油で食べる。上品な味であっという間に口の中へ。(^^;;

う~ん、なんだか注文したものが、なみの介さんご一行と同じパターンになってしまった。

そうそう!このお店は器にもこだわっている。唐津を中心にいい味わいの器に盛られて料理が出てくるのだが、こちらの味わいもなかなかのもの。

Taira_010

これは、焼酎のロックが注がれた琉球ガラスのグラス。いいですね~!美味しい酒が益々旨く感じられる。

いかがだろう!?場所的にも穴場なお店。価格的にもそこそこするが、たまにはうまい酒と肴を、いい器で楽しみたいと思う人にはいいお店かもしれない。

和食居酒屋 平
福岡市中央区大手門1丁目3-1 シャトル大手門1F
TEL 092-716-8660
18:00~04:00(L.O.03:30)
不定休

この記事が気に入ってくださったら下記をクリックお願いします。
人気blogランキングへ

にほんブログ村 グルメブログへ

|

« 辰口の住宅街にひっそりとある「手打ちそば山崎」でおろし蕎麦を食べてきました | トップページ | 長浜ラーメンの元祖「元祖長浜屋」へ閉店間際に行ってきました!+「吉祥飯店長浜店」 »

福岡(居酒屋)」カテゴリの記事

コメント

なみの介さん
どうもです。
ははは。
ビッビッ!ときましたよ~!(笑い)
これで安かったら最高なんですが……。(^^;;
また、色々教えてくださいね~!

投稿: あさぴー | 2008/04/07 20:35

wakkyさん
はじめまして!
機会があれば寄らせていただきます。
その節はよろしくお願いします。

投稿: あさぴー | 2008/04/07 20:32

おー、あさぴーさんなら第六感がビビっと来たはず♪
珍しいモノを頂けて、客層が落ち着いた雰囲気なので
年上の方たちと楽しむのが良いお店です!
グラスも箸置きもオシャレでキレイなのが女心をつかみますね~。

投稿: なみの介 | 2008/04/06 23:35

wakkyと申します。2月にOPENした、ピアンタトーレベットラと言うイタリアンレストランのスタッフです。唐津・糸島産の野菜・魚介類をふんだんに使ったカジュアルイタリアンのお店です。シェフは、イタリアで2年の修行経験があり、本場の味を日本人向けに改良した、イタリア料理をご提供しています。このお店のオーナの実家が、農園を経営しておりますので、そこで取れた野菜や、提携農家の野菜を直接仕入れて今後は、ご提供していきたいと持っております。このお店の名前の由来は、”ピアンタトーレ”は農園夫の意味で、”ベットラ”は、食堂、女性・ファミリーに気軽にご利用いただきたいと思って、付けております。もちろん男性にもご利用いただきたいと思っております。店の感じは、南イタリアの田舎風の建物をイメージしております。ランチは、パスタランチ\1200~前菜・パスタ・デザート・カフェ前菜、パスタは、その時の旬なものを使っています。例、前菜・佐賀産ホワイトアスパラの卵添え、二丈産、白ナスの生ハム添え、パスタ・春野菜、アサリのパスタアンチョビ風味等。是非是非、ランチにお越し下さい。http://blog.livedoor.jp/piantatorebettola/

投稿: wakky | 2008/04/06 23:08

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 大手門にあるちょっと高級な居酒屋「平」はネタと器にこだわりのお店:

« 辰口の住宅街にひっそりとある「手打ちそば山崎」でおろし蕎麦を食べてきました | トップページ | 長浜ラーメンの元祖「元祖長浜屋」へ閉店間際に行ってきました!+「吉祥飯店長浜店」 »