« 安くて美味しい「ちゃんぽん」と「皿うどん」を食べるなら赤坂「黒田屋」 | トップページ | 赤坂「博多 喜庵」は大阪堂島の蕎麦の名店「喜庵」の暖簾分けのお店 »

2007/11/26

直島で食べた讃岐うどん「石井商店」とベネッセハウス「テラスレストラン」の朝食

直島は島の周囲4.7km、人口3,600人の小さな島である。

観光客の入りが凄いので、フェリーの乗降客は多いのだが、さすがに島内で食事を取ろうと思ったら、フェリーのターミナルかベネッセハウスのレストラン、もしくは島一番の集落である本村地区にある食堂で取ることになる。

直島は岡山からフェリーで20分ほどの距離にあるが、れっきとした香川県の島である。よって讃岐うどんの本場なのである。

ガイドブックによると、直島には、手打ちうどん専門店で「山本うどん店」というのがあるようだが、ベネッセハウスの無料送迎バスの停留所から離れていたのであきらめ、農協前バス停のそばにあった「石井商店」というお店に入ることにした。

Naoshima_018

ここは民宿も併設しているようである。食べに入ったのは13時半ごろ。店内には3名ほどの先客が。メニューは温かいかけうどんに冷たいぶっかけうどん、カレーうどん。それにトッピングとしてえび天・かき揚げ・コロッケなどが選べるのだが、行ったのが遅かったせいか、かき揚げは売り切れ。えび天も1枚しか残っていなかった。

で、私がぶっかけうどん+えび天。妻がカレーうどんを注文。

Naoshima_020

こちらが、ぶっかけうどん+えび天である。えび天がサクサクで美味しかった。麺は本物の讃岐うどんよりコシがない。市販の麺を使っているのだろうか??

Naoshima_021

カレーうどんのほうは、茹で上げたうどんにカレールーがかかっているだけの至ってシンプルなもの。そんなに辛くないカレーで、うどんに馴染んでいたような気がした。

民宿石井商店・本家
本村農協そば
TEL 087-892-2480

Naoshima_159

さて、最後に、ベネッセハウスのテラスレストランでの朝食を紹介したいと思う。

Naoshima_158

朝食はビュッフェスタイルで、2,100円。それにサービス料が付くので2,310円となる。まぁ、リゾートホテルの朝食の値段としてはこんなものか?

パンは天然酵母のもの、食材にもこだわりがあるようではあったが、いかんせんメニューの種類が少ない。

私は最初ご飯にしようかな?と思ったのだが、おかずが肉系のものが多かった(といっても4種類ほどしかなかった)のでパンにすることにした。

Naoshima_153

で、欲張って、ん?そんなに欲張っていないかな?盛ってきたのが、こちら。(^^;; レストランそのものは明るく開放的で気分よく朝食を取ることが出来る。

この記事が気に入ってくださったら下記をクリックお願いします。
人気blogランキングへ

にほんブログ村 グルメブログへ

|

« 安くて美味しい「ちゃんぽん」と「皿うどん」を食べるなら赤坂「黒田屋」 | トップページ | 赤坂「博多 喜庵」は大阪堂島の蕎麦の名店「喜庵」の暖簾分けのお店 »

四国のグルメ」カテゴリの記事

コメント

「山本うどん」港から歩いてもそんなにかかりません。
絶対おすすめです。

昼食は「まるや」のカレーを食べました。

直島いいですね。

投稿: ktamura | 2007/11/26 16:51

ktamuraさん
こんばんは。
見ていて下ってたんですね!?(笑い)
「山本うどん」、港からバスで移動の途中見えたんですが、だいぶかかると思いました。(^^;;
今度行ったときは、チャレンジしてみます。
「まるや」も調査済みだったんですが、今回は、こちらもパスでした。
駆け足旅行一回きりでは、全部は回りきれないです。

投稿: あさぴー | 2007/11/26 20:55

私なら、もっと欲張って盛り付けちゃいます。
だから太っちゃいます。
ワンちゃんには、「待てっ!」と偉そうに言いますが、自分は待てないですね。

投稿: サブロー 人生バックドロップ!! | 2007/11/27 14:59

サブローさん
こんばんは。
この後、お代わりはちゃんとしています。(^^;;

投稿: あさぴー | 2007/11/27 22:28

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/70453/17007090

この記事へのトラックバック一覧です: 直島で食べた讃岐うどん「石井商店」とベネッセハウス「テラスレストラン」の朝食:

« 安くて美味しい「ちゃんぽん」と「皿うどん」を食べるなら赤坂「黒田屋」 | トップページ | 赤坂「博多 喜庵」は大阪堂島の蕎麦の名店「喜庵」の暖簾分けのお店 »