« 高松の市街地で夜飲んだ後に〆で食べる讃岐うどん「鶴丸」 | トップページ | 有明海の珍味は他の地域とは明らかに違う本当の珍味です「めかじゃ」「わけ」「ムツゴロウ」 »

2007/07/12

いよいよ15日は「博多祇園山笠」追い山。楽しみです

7月1日から始まった博多祇園山笠も15日クライマックスを迎える。

「博多祇園山笠」は、博多区の櫛田神社にまつられる素戔嗚尊(スサノヲ、スサノオノミコト)に対して奉納される祇園祭のひとつで、鎌倉時代の1241年に承天寺の開山、聖一国師が当時流行していた疫病を退散させるため、施餓鬼棚(せがきだな)に乗って祈祷水を撒き、博多の街を祈願した。この施餓鬼棚が発展して山笠の形となったと云われている。(ウィキペディア(Wikipedia)より引用)

今日、12日は追い山馴しで、追い山のときより1km短い距離を、午後3時59分にスタート。 7月13日は、集団山見せ。7月14日夕方から流舁。

そして、7月15日の最終日にクライマックスの追い山と鎮めの能が行われる

追い山は、午前4時59分に一番山笠が山留めをスタートし、櫛田神社境内の清道を回って奉納する勇壮な祭りで、博多っ子の心意気を感じさせてくれる。

Yamagasa001

こちらは、博多駅前に飾られている「博多駅連合商店街飾り山」。表は「決戦川中島」。見送りは「ゲゲゲの鬼太郎」。

Yamagasa039

こちらは、中洲の飾り山で表は「長政関ヶ原智略」。見送りは「老公扶砕陰謀」。

Yamagasa038

こちらの写真は9日の夜、中洲で写した写真で、夜中まで練り歩いていた。

さて、15日は天気が良くなることを願うばかりである。わたし自身も初体験の祭りを愉しみたいと思う。

この記事が気に入ってくださったら下記をクリックお願いします。
人気blogランキングへ

にほんブログ村 グルメブログへ

|

« 高松の市街地で夜飲んだ後に〆で食べる讃岐うどん「鶴丸」 | トップページ | 有明海の珍味は他の地域とは明らかに違う本当の珍味です「めかじゃ」「わけ」「ムツゴロウ」 »

旅行・地域」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/70453/15727379

この記事へのトラックバック一覧です: いよいよ15日は「博多祇園山笠」追い山。楽しみです:

« 高松の市街地で夜飲んだ後に〆で食べる讃岐うどん「鶴丸」 | トップページ | 有明海の珍味は他の地域とは明らかに違う本当の珍味です「めかじゃ」「わけ」「ムツゴロウ」 »