« 福岡に来て初めてのオーセンティックBar 中洲「サンボア」は丁寧な仕事ぶりで楽しませてくれるところ | トップページ | 博多区住吉界隈のランチ事情2博多ラーメン味比べ「赤のれん節ちゃんラーメン」「ラーメンTAIZO」 »

2007/06/21

「餃子屋 弐ノ弐」は熊本生まれの値段もリーズナブルで美味しい餃子&中華のお店

Ninoni_002 「餃子屋 弐ノ弐」は、私が福岡に来た4月11日にオープンしたお店である。

そういった意味では、同じアニバーサリーであるが、私も時々上人橋通りを通ることがあるのだが、夜はいつも行列が出来ているお店だったこと、それに、「ヒマな女の日常。」のなみの助さんがブログで書かれていたこともあって、一度行きたいと思っていた。

で、6月のとある日曜日の夕方5時半に行ってみることにした。さすがにこの時間では、先客は一組だけであった。

入ってメニューを見て驚いたが、料理のメニューに500円以上のものがないのである。

Ninoni_007

で、まずは焼き餃子(250円)を二人前を頼んだ。小さめの餃子が一人前で7つ、皿に盛られていた。パリパリ皮に餡の肉汁がジューシーで美味しかった。美味しかったので、あとでもう二人前を追加注文したほどだ。

Ninoni_006

こちらは、上段は「ミミガーの燻製」と「ザーサイのネギ生姜和え」。それに下段は「濃厚ピータン」と「水餃子」。ちなみにミミガーとは沖縄で豚の耳の意味。もちろん、私は食べていない。

ピータンは、その名の通り濃厚な味。ザーサイは少し塩辛かった。水餃子は皮がプリンプリンで、こちらはgood!

Ninoni_009

こちらは「野菜たっぷり焼きビーフン」で、野菜たっぷりで味もまずまず。

Ninoni_010

お次は「激辛 麻婆豆腐」で、確かに辛かったがビールに良く合う一品。

Ninoni_012

で、最後は「麻ラー 担担麺」。胡麻の味が活きていたが若干辛めの味。

これで食べた料理は全てだが、二人で食べて満腹になった。アルコールは生ビール2杯、それに紹興酒をデキャンタで一杯飲んで締めて5,750円也!

いや、確かに値段は安いし、味も合格。満足いくお店だった。

餃子屋 弐ノ弐  
福岡市中央区今泉2-4-331F   
TEL 092-739-5022
17:00~24:00

この記事が気に入ってくださったら下記をクリックお願いします。
人気blogランキングへ

にほんブログ村 グルメブログへ

|

« 福岡に来て初めてのオーセンティックBar 中洲「サンボア」は丁寧な仕事ぶりで楽しませてくれるところ | トップページ | 博多区住吉界隈のランチ事情2博多ラーメン味比べ「赤のれん節ちゃんラーメン」「ラーメンTAIZO」 »

福岡(中華)」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/70453/15303555

この記事へのトラックバック一覧です: 「餃子屋 弐ノ弐」は熊本生まれの値段もリーズナブルで美味しい餃子&中華のお店:

« 福岡に来て初めてのオーセンティックBar 中洲「サンボア」は丁寧な仕事ぶりで楽しませてくれるところ | トップページ | 博多区住吉界隈のランチ事情2博多ラーメン味比べ「赤のれん節ちゃんラーメン」「ラーメンTAIZO」 »