« こちらも人気のイタリアン警固「PercheNo!?(ペルケノー)」は新鮮野菜とこだわりパスタのお店 | トップページ | 上人橋通り「杵むら」は讃岐でもない、かと言って「博多うどん」でもない旨さ »

2007/06/08

博多ラーメンの中でも、ちょっと異端?薬院「麺劇場 玄瑛」

Genei_001いまはやっていないが日本テレビの「どっちの料理ショー」という番組が好きだった。

そこで、前にも私のブログでも紹介したことがあるが、「ラーメン巌流島」という企画をやっていたことがあるが、その最後の放送「群雄割拠編」で、このお店「麺劇場 玄瑛」のご主人である入江さんが出演していたのである。

恥ずかしながら、実は「麺劇場 玄瑛」が私の住んでいるところのから、こんなに近くにあるとは知らなかったのである。

さて、とある日曜日にお店に行ったのだが、夜7時過ぎで10名弱が順番待ちで並んでいた。並んでいる人に聞くと、これでも列は短いほうだそうだ。やはり人気のお店。

店名に「麺劇場」と書かれているが、私はテレビで紹介されていたのであらかじめ知っていたので何だが、初めて訪れた人はびっくりすると思う。お客は劇場のうような観客席からラーメンが出来上がる様を眺められるのである。

Genei_007

ちょうど運良く、ご主人がラーメンを作っていた。(写真右側)

私たちが頼んだのは、まずは「玄瑛流 拉麺」。最初に行ったときは、そこの一番ベーシックなメニューを食べるようにしている。

Genei_008

「麺劇場 玄瑛」のお店のラーメンは、無添加・無化学調味料が特徴で、この「玄瑛流 拉麺」は原点とも言えるラーメン。醤油も加えられ、こってりしていないので、私好みの味である。

Genei_009

また、こちらは「潮薫醤油拉麺」。「どっちの料理ショー」では「ネクスト博多ラーメン 海の醤油(しょうゆ)」で勝利したのだが、そのときの特選素材として、トビウオの焼き干しで「焼きアゴ」と呼ばれるものと、干したあわび、貝柱、海老を使ってダシをとっているので、潮の香りのする醤油ラーメンに仕上がっている。

麺の方は、「玄瑛流 拉麺」のほうはストレート細麺。「潮薫醤油拉麺」のほうは縮れ細麺。東北地方のラーメンのように多加水麺で、モチモチ感がありスープにも良く絡む麺である。

私は普段は塩分などを気にして、あまりスープを飲み干さないのだが、このお店のラーメンは全部飲み干してしまった。それほど美味しいラーメンであった。

麺劇場 玄瑛(げんえい) 
福岡市中央区薬院2-16-3
TEL 092-732-6100
無休
月~土11:30~14:00
   18:00~25:00
日祭祝11:30~22:00 
売切次第終了

この記事が気に入ってくださったら下記をクリックお願いします。
人気blogランキングへ

にほんブログ村 グルメブログへ

|

« こちらも人気のイタリアン警固「PercheNo!?(ペルケノー)」は新鮮野菜とこだわりパスタのお店 | トップページ | 上人橋通り「杵むら」は讃岐でもない、かと言って「博多うどん」でもない旨さ »

福岡(ラーメン・ちゃんぽん・皿うどん)」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/70453/15144489

この記事へのトラックバック一覧です: 博多ラーメンの中でも、ちょっと異端?薬院「麺劇場 玄瑛」:

« こちらも人気のイタリアン警固「PercheNo!?(ペルケノー)」は新鮮野菜とこだわりパスタのお店 | トップページ | 上人橋通り「杵むら」は讃岐でもない、かと言って「博多うどん」でもない旨さ »