« 品川の品達その2「なんつッ亭」と新どっちの料理ショーで対決した「せたが屋」 | トップページ | 久しぶりのグランメゾン・フレンチ、金沢新神田「ラ・ネネグース」は加賀野菜が旬の味 »

2007/01/22

ミラノ番外編(機内食とお土産「PECK(ペック)」の食材)

イタリアでの楽しみといえば、これまで紹介してきた「食」のところであったが、今日はその番外編とも言える機内食とお土産のことを書きたいと思う。

まずは機内食から。まぁ、機内食といっても、JALのエコノミークラスなので、あんまりグルメネタとしてはイマイチかもしれないが……。

今回、ミラノではたっぷりとイタリア料理を楽しもうと思っていたので、機内ではもっぱら和食を頼むことに。それに洋食メニューは肉系が多かったこともあるが。

ミラノ行き帰りの直行便では、2回の食事が出される。内一回は洋食か和食を選ぶことが出来た。

Jal1

行きの便では、まずは昼食として出されたのは、「牛肉とジャガイモの旨煮 山菜御飯添え」「秋刀魚 甘露煮」「丸十 博多蒸し」「アスパラガスの胡麻和え」「厚揚げと野菜の炊き合わせ」。

Jal2

到着前には「ボンゴレビアンコ」「野菜のラタトゥイユ」「稲荷寿司/山牛蒡金平」「サラミとミニポテトケーキ」である。

Jal3

帰りの便では、夕食として「鶏そぼろ丼」「茸とネギの炒め物」「ほうれん草お浸し」「梅稲庭うどん」。

Jal4

朝食として「チーズとほうれん草のクレープ モルネーソース添え」「ポークロインのグリル」「フルーツカクテル」「フルーツヨーグルト」である。

まぁ、機内食なので、味の方は書かずにおきます。(^^;;

Peck2

お次は、お土産を買うのに重宝した、「PECK(ペック)」。ドゥオーモからも近く地元の美食家たちから支持を集めている高級食材のお店。

日本でも、高島屋が輸入している。

今回、日本に帰る最後の日に、お土産として大量にペックで買い物をした。

Peck

チョコレートから、オリーブオイル、岩塩、バルサミコ酢、パスタなどなどである。本当は、グラッパも買ったのだが、何と!日本に帰って梱包を空けたら中に入っていなかった。

実は、グラッパは地下の売り場にあったのだが、てっきりまとめて一緒に梱包してくれているものと思い込んでいたが、やっぱり取りにいかなければならなかったようである。(^^;;

イタリアでは、各地方ごとにオリーブオイルに特色があり、ペックには色々な産地のオリーブオイルが揃っていた。産地によって値段がだいぶ違って、6ユーロ弱(900円くらい)のものから、100ユーロ(15,000円)近くするものまであった。

しかし、ミラノに行った時期は、ユーロ高真っ最中!交換レートが、1ユーロ153~155円という高さ!

昔、ローマに行った折は、物価が安いイメージがあったが、今回は下手すれば日本より高い感じであった。

この記事が気に入ってくださったら下記をクリックお願いします。
人気blogランキングへ

にほんブログ村 グルメブログへ

|

« 品川の品達その2「なんつッ亭」と新どっちの料理ショーで対決した「せたが屋」 | トップページ | 久しぶりのグランメゾン・フレンチ、金沢新神田「ラ・ネネグース」は加賀野菜が旬の味 »

ミラノのグルメ」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/70453/12535118

この記事へのトラックバック一覧です: ミラノ番外編(機内食とお土産「PECK(ペック)」の食材):

« 品川の品達その2「なんつッ亭」と新どっちの料理ショーで対決した「せたが屋」 | トップページ | 久しぶりのグランメゾン・フレンチ、金沢新神田「ラ・ネネグース」は加賀野菜が旬の味 »