« ソラマのシェフだった澤田さんが独立して作ったお店、金沢高尾台「Au milieu da la vie (オー ミリュー ドゥ ラ ヴィ)」 | トップページ | 久しぶりの小松のビストロ「ドゥ エ ドゥ」でのランチでした »

2006/12/20

ミラノに来て初めて。本当のリストランテで食べました「L'Opera」

ミラノに来てから、一応、リストランテと名の付いたところには行っていたが、どちらかといえば、比較的気軽に飲み食いできるような、いわばトラッテリアに近いところが多かったように思う。

本当にリストランテらしいところに行っていないことに気が付き、最後の日のランチに行ったお店が、「ル・オペラ(L'Opera)」である。

Opera

このお店は、ミラノの駐在員の方から教えていただいたお店である。

場所はデ・ラ・ヴィレホテルの一階にあり、位置的にはドゥオーモやモンテナポレオーネ通りにも近く便利な場所である。

そして、「L'Opera」というお店の名前の由来は、近くにあるオペラ座でのオペラ観劇のあと集まって食事をしていたかららしい。

「L'Opera」は北イタリア料理がメインのリストランテで、お店の雰囲気やサービスも洗練されていて、とても素晴らしい。料理そのものはヌーベルっぽい感じで上品な盛り付け。

Dsc06841

リストランテでは、ご覧のように、テーブルに色々なパンが最初から準備されており、料理が出されるまでのひと時、ワインなどを楽しみながら、おつまみ代わりに食べていた。

Opera2

まずは、「ポルチーニ茸のムース」。ちょうど旬の走りであったポルチーニ茸の素晴らしい香りがする逸品で、滑らからクリームソースの相性もバッチリ!

Opera3

お次のパスタは、「魚介のトマトソース」と、

Opera4

「ポルチーニ茸のクリームソースのラビオリ」。

両方とも、美味しかったが、「魚介のトマトソース」のほうは、モッツァレラチーズが、マジうま!「ポルチーニ茸のクリームソースのラビオリ」のほうも、ポルチーニ茸の上品な香りが食欲をそそられた。

Opera6

ドルチェは、こちらの二品。見た目も上品、味も甘みを抑えた大人の味で好感が持てた。

Opera7

最後のエスプレッソとともに出された、チョコのアイス(何て言うんだろう?)も旨かった。

なお、このお店ではイタリア語のメニューしかなかったが、詳しい説明を英語で少し受けてわかった気がして注文したが、出てきてから、な~んだ!こんな料理だったか!?と……。(^^;;

でも、ミラノで最後のお店としては、満足いくチョイスだった。

L'Opera
Via Hoepli, 6
02-8051231

この記事が気に入ってくださったら下記をクリックお願いします。
人気blogランキングへ

にほんブログ村 グルメブログへ

|

« ソラマのシェフだった澤田さんが独立して作ったお店、金沢高尾台「Au milieu da la vie (オー ミリュー ドゥ ラ ヴィ)」 | トップページ | 久しぶりの小松のビストロ「ドゥ エ ドゥ」でのランチでした »

ミラノのグルメ」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/70453/12379038

この記事へのトラックバック一覧です: ミラノに来て初めて。本当のリストランテで食べました「L'Opera」:

« ソラマのシェフだった澤田さんが独立して作ったお店、金沢高尾台「Au milieu da la vie (オー ミリュー ドゥ ラ ヴィ)」 | トップページ | 久しぶりの小松のビストロ「ドゥ エ ドゥ」でのランチでした »