« 「いしかわ伝統工芸フェア2006 百美展」で食べた「つる幸」のお弁当に名人のそば | トップページ | 金沢高尾台「わびすとろ 萬楼」は個室で楽しめる日替わりランチはお徳 »

2006/11/10

京都の著名店と同じの名前のRistorante Pizzeria「ギョットーネ」がミラノにあった

前に私のブログでも、東京の丸の内店を紹介したことがある「ギョットーネ」。

ミラノでも、同じ名前のお店を見つけたので、行ってきた。Ghiottone (ギョットーネ)とは、イタリア語で「しゃっくり」のことだそうだ。

さて、日本のお店の方は、「イル ギオットーネ」と読むが、スペルは同じなので、同じ意味なのだろう?

笹島シェフが、ミラノのこのお店を知っているかどうかはわからないが、偶然ミラノで同じ名前を見かけたので、思わず行きたくなったのであった。

Il Rifugio del Ghiottone (ギョットーネ・・日本に帰って調べたら、日本語のHPありました)はミラノ中央駅から徒歩15分くらい。ピンク色のビルの一階にあり、地元のミラネーゼで、いつも賑わっている。

Ghiottone

まずは、お店の名前と同じサラダ。パルミジャーノにモッツァレラのチーズに、トマト、ルッコラなどの野菜類がたっぷりと盛られていた。ドレッシングは、オリーブオイルとバルサミコ酢をたっぷりとかけて食べる。

Ghiottone2

お次は、アンティパスト(前菜)で、「茹でた海の幸の盛り合わせ」で、タコにエビ、トマトの少し塩味のきいたおつまみに最高の一品で、レモンを絞ってさっぱりと食す。

Ghiottone3

プリモ・ピアットは二皿で、「ズッキーニの花とカラスミのリゾット」と

Ghiottone4

「洋アザミとポルチーニ茸のほうれん草のアリアテーレ」。

両方とも、マジで旨かった。これまでに食べた中では一番かな?

Ghiottone5

デザートは「ティラミス」。濃厚な味で、大盛り。さすがに最後はゲップ!

Ghiottone6

飲んだお酒は、白ワイン(ビアンコ)と、食後酒の「レモンチェロ」。「レモンチェロ」は、甘くて美味しいが、ベースがウオッカなので、飲みすぎ注意。

この記事が気に入ってくださったら下記をクリックお願いします。
人気blogランキングへ

にほんブログ村 グルメブログへ

|

« 「いしかわ伝統工芸フェア2006 百美展」で食べた「つる幸」のお弁当に名人のそば | トップページ | 金沢高尾台「わびすとろ 萬楼」は個室で楽しめる日替わりランチはお徳 »

ミラノのグルメ」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/70453/12357236

この記事へのトラックバック一覧です: 京都の著名店と同じの名前のRistorante Pizzeria「ギョットーネ」がミラノにあった:

« 「いしかわ伝統工芸フェア2006 百美展」で食べた「つる幸」のお弁当に名人のそば | トップページ | 金沢高尾台「わびすとろ 萬楼」は個室で楽しめる日替わりランチはお徳 »