« 「SATURDAY ON THE WAY」の伊津野亮さん&トムセン陽子さんと楽しんだ「武の助」 | トップページ | 安江町北交差点近くにある昭和初期の旧薬局店舗を再生した生花店「こすもす」角島泉さん »

2006/10/04

久しぶりかな?小松空港そばの「アンジェレガ-ロ」でのディナー

「アンジェレガ-ロ」は、イタリア語の造語で、「天使の贈り物」という意味だそうだ!?天使の「Angel」と贈り物の「legaro」をつなげたようである。

名前の由来は、たぶん、ここがレストラン・ウエディングを行うところから来ているのかもしれない?

前は時々、ランチにもディナーにも訪れていたのだが、最近はてんでご無沙汰となっていた感がある。今回は久しぶりにディナーを楽しんできた。

さて、先ほども書いたし、前にも紹介したとおり、このお店は、レストラン・ウエディングを開くことが出来るだけの広さを誇っているし、インテリアもなかなかいい感じである。

ただ難点は、休日にふらりと立ち寄って食べようと思っても、当日にウエディングが開かれていると貸切となっていてアウトのことがあること。

その点がなければ、良心的な価格で料理や飲み物を楽しむことが出来るお店である

今回はコースではなく、アラカルトで頼むことにした。

Ange_007

まずは、「旬野菜のミックスサラダ」。なぜか、ドレッシングは自分で調合して作る。まぁ、それがいいという人もいるだろうが、私は?だが。

Ange_006

こちらは、アンティパストで「本日の新鮮魚(鯛)のカルパッチョ」。

Agje_009

あと、「野菜とミックスチーズのイタリア風オムレツ」も。なんだかピザのような感じ?

Ange_018

パスタは「アラビアータ」である。ピリッと辛めで美味しかった。

Ange_017

そして、魚料理は「手長海老(スカンピ)の香草グリル」。

Ange_016

あとは、「アスパラとベーコンのチーズリゾット フレッシュトマトとルッコラ添え」と

Ange_015

「生ハムたっぷりバジルペーストピッツア」で締め。

料理は、そこそこ美味しかったのだが、今回はワインチョイスで失敗してしまった。

まず、「シャンパン」がないか聞いたら、無いということだったので「スパークリングワイン」にしたが、後でワインリストをもらったら、そこには「シャンパン」が書かれていた。

次に、白ワインを頼んだのだが、これがイマイチ。(^^;;

まぁ、決してお店の悪口を書くつもりはないのだが、チョイスに失敗した悔しさは、後までひくのであった。(T_T)

あと、このお店のうれしいところは、ピザやパスタ、リゾットなどは、一部の種類を除いてハーフサイズが選べること。今回のように、多くの種類の料理を楽しむことも可能である。

この記事が気に入ってくださったら下記をクリックお願いします。
人気blogランキングへ

にほんブログ村 グルメブログへ

|

« 「SATURDAY ON THE WAY」の伊津野亮さん&トムセン陽子さんと楽しんだ「武の助」 | トップページ | 安江町北交差点近くにある昭和初期の旧薬局店舗を再生した生花店「こすもす」角島泉さん »

石川グルメ(イタリアン)」カテゴリの記事

コメント

はじめまして、こんにちは! TBどうもありがとうございました♪
アンジェレガーロは昼間のランチしか利用した事ないですが、味も然り大盛りにすれば男性でもかなり満足できるコストパフォーマンス高めのお店ですよね。
こーしてアラカルト料理の写真見てるとかなり美味しそうなんで、一度ディナーもチャレンジしてみたいと思います♪(^ ^)b

投稿: しらかわ | 2006/10/04 10:24

これってとても大切な日だったような…
ゴキゲン悪そうなお顔が目に浮かびます~

ワインは大事ですよねー。

投稿: ウッチー | 2006/10/04 20:40

しらかわさん
こんばんは。
コメントありがとうございます。
是非、アンジェレガーロでディナーを楽しんでくださいね。

投稿: あさぴー | 2006/10/05 20:44

ウッチーさん
こんばんは。
はい。(^^;;

投稿: あさぴー | 2006/10/05 20:45

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/70453/12075919

この記事へのトラックバック一覧です: 久しぶりかな?小松空港そばの「アンジェレガ-ロ」でのディナー:

« 「SATURDAY ON THE WAY」の伊津野亮さん&トムセン陽子さんと楽しんだ「武の助」 | トップページ | 安江町北交差点近くにある昭和初期の旧薬局店舗を再生した生花店「こすもす」角島泉さん »