« 金沢百番街あじわい館「黒百合」は懐かしい趣を楽しめる | トップページ | ミラノでランチに気軽な揚げパン「LUINIのPanzerotti(パンツェロッティ)」とカフェ「IL SALOTTO」 »

2006/10/26

新どっちの料理ショーで有名に!品川のラーメンテーマパーク品達の「なんつッ亭」

私もよく観ていた番組「新どっちの料理ショー」も、この9月で終了してしまった。残念である。

その、「新どっちの料理ショー」で、ラーメン巌流島決戦というテーマで、ラーメンバトルが繰り広げられていたときに、2度とも勝利したのが、今日紹介する「なんつッ亭」の古谷一郎氏。

本来なら、神奈川県秦野の本店に食べに行きたいところだが、遠いので断念。2004年秋に京急品川駅高架下にオープンしたラーメンフードテーマパークである「麺達七人衆 品達ラーメン」のお店に食べに行くことにした。

Shinatatsu

ここには、全国の有名店7店が集合しており、「なんつッ亭」以外には、旭川ラーメン「Saijo」、熊本ラーメン「ひごもんず」、横濱ラーメン「くじら軒」、支那そば「きび」 、せたが屋「雲」 、渡辺樹庵プロデュース「蔵六」という面々である。

Shinatatsu2

「なんつッ亭」のお店は、事前調査では、やはり人気のお店だけに長蛇の順番待ちで、30分以上は待たないといけないということだったので、ちょっと早めの17時15分ごろ到着。

その時間だったからか、もう、人気のピークも過ぎたためかわからないが、並ぶことなく入ることが出来た。

「なんつッ亭」のウリはトンコツスープ。古谷氏自身が熊本で修行していたということで、熊本ラーメンがベースとなっているのかもしれないが、後で触れるが味そのものはちょっと違うようだ。

Shinatatsu3

私が注文したのは、シンプルな「らーめん」。680円である。出てきたラーメンを見て、「富山ブラック」かと思ったほど、スープは真っ黒である。しかし、この黒さは、富山ブラックのそれとは違い、黒マー油によるものである。

ホームページには、自分のところのスープの特徴について、以下のように書いている。

「豚の頭、ゲンコツトリガラを不純物を取り除いたピュアな水で丸一日煮込んだコクのあるトンコツスープに二種類の粉をブレンドして作ったオリジナルの麺。それに秘伝の真っ黒な、マー油を浮かべる事によって香ばしさをプラス。
一度食べたら忘れる事の出来ないガツンとくる味わい。」

このお店のスープの特徴は、トンコツそのものよりも、マー油にあるのかもしれない?

どうも、最初に「富山ブラック」のこってりした味を思い出してしまったせいか、こってりトンコツのイメージでスープを口に運ぶが、意外なほどあっさりとしたスープで驚いた。

そして、麺を口に入れると、普通のトンコツラーメンのような細麺ではなく、中太に近い感じの麺。

トンコツスープと、黒マー油を混ぜ、麺に絡ませて食べると、これがなかなかの味なのである。トンコツ独特の臭みもなく、かと言って旨みとコクは残しながらノドを通り過ぎていく。

さすがに、新どっちの料理ショーでも選ばれるラーメン店である。

この記事が気に入ってくださったら下記をクリックお願いします。
人気blogランキングへ

にほんブログ村 グルメブログへ

|

« 金沢百番街あじわい館「黒百合」は懐かしい趣を楽しめる | トップページ | ミラノでランチに気軽な揚げパン「LUINIのPanzerotti(パンツェロッティ)」とカフェ「IL SALOTTO」 »

東京・横浜のグルメ(中華・ラーメンカテゴリー)」カテゴリの記事

コメント

あさぴーさん、おはようございます。
昨日こちらの前を通ったところでございます♪
もうすっかり“庭”となりました(笑)。
お近くへお越しの際は是非ご一報を♪

投稿: きなこ | 2006/10/28 08:33

きなこさん
おはようございます。
いま、ちょうど、品川です。(笑い)

投稿: あさぴー | 2006/10/28 08:37

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/70453/11798708

この記事へのトラックバック一覧です: 新どっちの料理ショーで有名に!品川のラーメンテーマパーク品達の「なんつッ亭」:

« 金沢百番街あじわい館「黒百合」は懐かしい趣を楽しめる | トップページ | ミラノでランチに気軽な揚げパン「LUINIのPanzerotti(パンツェロッティ)」とカフェ「IL SALOTTO」 »