« 小松「男厨」はインテリアも料理もエキゾチックなお店 | トップページ | 金沢百番街あじわい館「黒百合」は懐かしい趣を楽しめる »

2006/10/23

ミラノの見所を紹介します。その1「ドゥオーモ」「スフォルツェスコ城」「ガレリア」

私のブログでは、「食」のところでは、石川県以外にも全国各地のものを紹介しているが、それ以外の領域については、石川県のものしか紹介してこなかった。

今回は、ミラノについてのみ、少しだけであるが紹介したいと思う。

Dsc06721

まずは、ミラノのシンボルともいえる「ドゥオーモ Duomo」から。1386年に建設が始まり、1813年にナポレオンにより完成。世界で三番目に大きなカトリック聖堂である。

「Duomo」とは「家」とか「大聖堂」の意味で、長い間、都市国家として存在していたイタリアの各都市には、必ずといって「Duomo」が存在している。

ゴシック様式の堂々たる姿には圧倒される。残念ながら、改装と清掃のためか正面のファサードは覆われている。中に入ると、薄暗が、ステンドグラスから差し込む光はやさしいし、荘厳な雰囲気は、日本の寺や神社とは、また違った感じで、心が凛となる感じがした。

Dsc06819

夜は、ご覧のようにライトアップされている。

Dsc06690

続いては、「スフォルツェスコ城」である。ここは、14世紀にヴィスコンティ家の要塞としてつくられ、後にミラノ君主フランチェスコ・スフォルツァの居城となった城で、正面の門は見上げるほどの巨大なモニュメントとなっている。内部も広大な敷地を持ち、中世の趣をそのまま伝えているところである。

Dsc06698

また、中には市立博物館があり、そこの目玉として、ミケランジェロの未完の作品「ロンダニーニのピエタ」があることでも有名で、多くの観光客が訪れる場所でもある。

Dsc06759

今日の最後の紹介は、ドゥオーモから程近い「ガレリア・ヴィットリオ・エマヌエーレ2世」。 完成は1867年。何と!140年も前に出来た世界で最初のアーケードで、ガレリアとは英語ではギャラリーの元になった言葉だが、日本語の意味である「画廊」ではなく、「回廊」、アーケードのことです。ただし、日本の商店街のアーケードとは違い、大理石でできた統一されたデザインの建物の間を,ガラス張りにした美しい屋根で飾ったもので,道も美しいタイル張りでできている素晴らしいところである。

Dsc06761

ガレリア内部には、バールやブティックなどが並び、多くの日本人が訪れている。

この記事が気に入ってくださったら下記をクリックお願いします。
人気blogランキングへ

にほんブログ村 グルメブログへ

|

« 小松「男厨」はインテリアも料理もエキゾチックなお店 | トップページ | 金沢百番街あじわい館「黒百合」は懐かしい趣を楽しめる »

ミラノのグルメ」カテゴリの記事

コメント

あさぴーさんイタリアの独り言ですか…
ミラノってステキですねー
いいなぁ。

Duomoで「どーも」って言いましたか?

投稿: ウッチー | 2006/10/24 15:51

ウッチーさん
こんばんは。
「Duomoでどーもなんて、ベタなやつは、プロは使わないのですよ!
(○`ε´○)プンプン!!
ミラノ、良かったですよ。
新婚旅行で是非どうぞ!

投稿: あさぴー | 2006/10/25 20:40

あさぴーさん、こんばんは~
イタリアにいらしたのですね♪
トラックバックを、ありがとうございました。
美しいお写真に、春のイタリアを懐かしく思い出していました。
こちらをリンクさせて下さいね。

投稿: かなっぺ | 2006/10/26 23:08

かなっぺさん
こんばんは。
コメント&TBありがとうございます。
かなっぺさんは、春に行かれたんですね!?
10月のイタリアは気候的にも「食」的にも最高でした。
また、行きたいです。

投稿: あさぴー | 2006/10/27 21:24

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/70453/12333506

この記事へのトラックバック一覧です: ミラノの見所を紹介します。その1「ドゥオーモ」「スフォルツェスコ城」「ガレリア」:

» ミラノ(1) スフォルツェスコ城 [そよ風になって~]
さてイタリア旅行、最後の宿泊先、ウエスティンパレス・ミラノに着きました。 その晩はホテル内レストランにてディナーを。 此処まで何処で頂いても塩気の強いものが多くて、 血圧上昇気味?・・・で走りまくりのイタリア旅行、、私は頭ヘトヘトでございました(^O^)゜゜゜゜゜ その晩のお食事はフルコース、と言っても日本人を意識してか?量的に私にも丁度良く 美味しく頂きました。 それにしても・・・日本は本当に食材も豊富で、イタリアンからフレンチ、中華、エスニックと、 ありとあらゆる国のお料理が、その... [続きを読む]

受信: 2006/10/26 22:57

» イタリア旅行 ~ミラノ~ [ShizuCafe]
昨年の11月20日からイタリアとモナコに行ってきました。 ぼちぼちと写真をUPしようっと。 しかし、このブログも写真upするのに時間はかかるし不便なんで1枚にまとめたり編集しました。 画像クリックするとそれなりにデカク表示されると思います。... [続きを読む]

受信: 2010/01/13 13:05

« 小松「男厨」はインテリアも料理もエキゾチックなお店 | トップページ | 金沢百番街あじわい館「黒百合」は懐かしい趣を楽しめる »