« 「松井秀喜ベースボールミュージアム」と「メジャー松井サブレ」 | トップページ | 小松市在住の映像作家、長谷川章氏「San Jose Zero One」と高校教科書「新・情報C」掲載 »

2006/09/23

新潟「小嶋屋」の「へぎそば」はノド越しが身上、歯ごたえもいいお蕎麦

久しぶりに新潟に出かける用事があった。日帰りで慌しかったが、お昼に、いわゆる越後蕎麦と言われる蕎麦を食べたかったので、地元の人のお勧めのお店に行ってきた。

Hegisoba_006

お店の名前は「越後十日町小嶋屋」。本店は十日町にあり、皇室にも献上された蕎麦を作っているようだ。訪れたのは新潟県庁そばのお店。

しかしながら、帰って調べたら、「小嶋屋総本店」「長岡小嶋屋」など、似たような名前のお店が色々あるのがわかった。よく調べていないのでわからないが、全国どこにでもある本家・元祖争いの結果かもしれない。

「へぎそば」は魚沼地方独特のそばの食べ方で、「へぎ」と呼ばれる木の器にきれいにならべられており、つなぎに「布海苔(ふのり)」と呼ばれる海草を使っているのである。

通常、蕎麦のつなぎとして使われるのは、小麦粉や卵、自然薯など。海草を使っているのはとても珍しいと思う。

個人的には10割そばが好みだが、「布海苔」を使った蕎麦ということで初体験に心ワクワクであった。

で、こちらが、その「へぎそば」。

Hegisoba_002

4人前で3,570円である。大人3人で食べたが、見た目よりはボリュームがあって、最後はお腹一杯に。

蕎麦は「手振り」といって、一人、一人 食べやすいように、丸く一口ずつになっている。

肝心の味のほうであるが、まず、ノド越しの素晴らしさに感心させられた。小松うどんに合い通じるものがある。そして、コシの強さも、普通の蕎麦のコシとはちょっと違って、弾力があって私好み。

「布海苔」そのものの味はしない。蕎麦の味もほのかにする程度で、この辺は好みが別れるところだろう?

Hegisoba_003

さて、蕎麦屋には付き物の「天ぷら」はこちら。野菜と海老二尾が付いている。揚げたてサクサクで、こちらも美味しかった。

いかがだろうか?新潟に行った折に食べてみては。

この記事が気に入ってくださったら下記をクリックお願いします。
人気blogランキングへ

にほんブログ村 グルメブログへ

|

« 「松井秀喜ベースボールミュージアム」と「メジャー松井サブレ」 | トップページ | 小松市在住の映像作家、長谷川章氏「San Jose Zero One」と高校教科書「新・情報C」掲載 »

中部のグルメ(北陸除く)」カテゴリの記事

コメント

小嶋屋の社長は昨年度のYEG(商工会議所青年部)の北陸信越ブロックの代表理事を務めた方で存じております。

新潟地震のときは自分の会社にある在庫をいち早く被災者に送り、自分そっちのけでボランティアに徹した素晴らしい片なんです。

へぎそばはつるっとして、コシがあって美味しいですよね。私も大好きです。

投稿: DON | 2006/09/23 23:17

DONさん
こんばんは。
先ほどまで、ウッチー&しゅうさんと一緒でした。
で、今日は久しぶりにahaさんのオフィスにお邪魔してました。
8日は残念です。
また、ゆっくりと!

投稿: あさぴー | 2006/09/23 23:22

小嶋屋のおそば、大好きです♡
ウチの親戚が新潟&お店も近くにあるので
田舎御飯の〆は、いつも小嶋屋のおそば(出前)です♪
あぁ~食べたくなってきたっ。

投稿: jun | 2006/09/24 19:22

junちゃん
こんばんは。
確か、新潟はおばーちゃんのところでしたね!?
「へぎそば」なかなか美味しい蕎麦でした。
内灘にも食べさせてくれるところがあるみたいですから、行ってみては?

投稿: あさぴー | 2006/09/24 21:24

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/70453/11587944

この記事へのトラックバック一覧です: 新潟「小嶋屋」の「へぎそば」はノド越しが身上、歯ごたえもいいお蕎麦:

» へぎそばの聖地・十日町にて。 [新潟名物図鑑]
どうも。ニュータイプジョイントです。 新潟県十日町市の小嶋屋総本店へようこそ。 水車が目印です。背景に見える田んぼは、日本一うまいコメ・魚沼産コシヒカリです。 とくにこのへんの田んぼが、ホントに日本一うまいらしいです。 今回は十日町名物・へぎそばをいただきます。 十日町は織物の町です。今回は地元着物デザイナーの方に接待を受け、小嶋屋へ。 座敷への通路には糸車がシックにディスプレイされています。 まずはそば茶。 薬味と、サービスの漬物。練りガラシが見えます。 カラシを使うの... [続きを読む]

受信: 2006/09/24 23:10

» 十日町本店の小嶋屋へぎそば [新潟名物図鑑]
どうも。ニュータイプジョイントです。 十日町市の街中の小嶋屋でへぎそばをいただきます。 奥は天ぷらとまいたけ天ぷら。 すいませんボケてまして。 揚げ加減は、水車の小嶋屋のほうがカラリとしていました。 薬味にあさつき(全国的にはエシャロットと呼ばれる。実はラッキョ)がついているのが 十日町のへぎそばの特徴と言っていいでしょう。 小嶋屋には、どうも3系列あるようです。 その1 株式会社小嶋屋 http://www.hegisoba.co.jp/ 今回は十日町市の街中にある、元祖っぽい... [続きを読む]

受信: 2006/09/24 23:17

« 「松井秀喜ベースボールミュージアム」と「メジャー松井サブレ」 | トップページ | 小松市在住の映像作家、長谷川章氏「San Jose Zero One」と高校教科書「新・情報C」掲載 »