« 京都で人気のイタリアン「イル ギオットーネ」の丸の内店でのランチ | トップページ | 新潟「小嶋屋」の「へぎそば」はノド越しが身上、歯ごたえもいいお蕎麦 »

2006/09/20

「松井秀喜ベースボールミュージアム」と「メジャー松井サブレ」

Matsui006 松井選手が日本のジャイアンツでプレーしていたときは「松井秀喜 野球の館」と呼ばれていたが、昨年年末にリニューアルしたことは、こちらのブログでも紹介した。

(実は、この記事、だいぶ前に書いてあったのだが、ご存知の通り、松井選手、試合で骨折したためにアップしないでしたのだが、このたび復帰したためにめでたく日の目を見た)

いまは、「松井秀喜ベースボールミュージアム」と呼称も変えているが、この辺は、大リーグのヤンキースで活躍していることからの変更だと思う。

Matsui001

「松井秀喜 野球の館」のときは、どこか和風?な建物であったが、今ではとても立派な洋館?に生まれ変わっている。

Matsui005 館内も大きくなって、前は狭いスペースに無理やり押し込まれている感があった数々の展示品も、ゆったりと見ることが出来る。

さて、話は変わるが、そんな松井の大リーグ挑戦によって変わらざるを得なくなった物がもう一つある。

それが、この「メジャー松井サブレ」である。

Matsui

この「メジャー松井サブレ」、松井選手が日本でプレーしていたときは、「ゴジラ松井サブレ」という名前で売られたいた。ご存知、松井選手のニックネームは「ゴジラ」。その名を許可を受けて使っていたようだが、大リーグに移ったときに、その使用の許可がおりなかったのか、名前が変わってしまった。

それに伴って、パッケージに使われていたキャラクターも、ゴジラから松井本人に変わったようである。

こちらの駅や空港では、おみやげ物として売られているが、人気の品なのか、いつも山積みにされている。

サブレとは「クッキー系の焼き菓子」のことだが、この「メジャー松井サブレ」の特徴は、こちらの特産品である「加賀丸いも」が使われていることである。「加賀丸いも」は、その名の通り丸い芋で、通常は長芋のようにすりおろして食べるのだが、粘りが強いのが特徴で栄養満点の芋なのである。漢方では「山薬」と言われる強壮食品としても有名である。

熱々の炊き立てご飯にすりおろした丸いもをかけて、醤油を少したらして食べると最高だ。

そんな「加賀丸いも」が使われた「メジャー松井サブレ」だが、もっとも、食べただけでは「丸いも」が使われているなどとはわからないかもしれないが、少し口の中でかんでいると、少し粘り気があるような気がする?

お土産としても手ごろなので、こちらに出張や旅行などで来られることがあれば、買い求めてはいかがだろうか?

この記事が気に入ってくださったら下記をクリックお願いします。
人気blogランキングへ

にほんブログ村 グルメブログへ

|

« 京都で人気のイタリアン「イル ギオットーネ」の丸の内店でのランチ | トップページ | 新潟「小嶋屋」の「へぎそば」はノド越しが身上、歯ごたえもいいお蕎麦 »

スポーツ」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/70453/9683753

この記事へのトラックバック一覧です: 「松井秀喜ベースボールミュージアム」と「メジャー松井サブレ」:

» 名物にうまいもの・・・・・・ [Laughing Gnome]
昨日から日米野球が始まったけど2002年に比べて知らない選手が多いという印象です。2002年はボンズとかジオンビとかイチローとかいたし。日本は両松井がいたし。 なんでイチロー出ないんだろ。 松井秀喜は・・・? 石川県の名物・お土産はまあ普通に考えるとそうですね、海産物、輪島塗、酒、何にでも金箔を貼った商品、中田屋のきんつば(サイトはこちら)とか 山中石川屋(すごいね、地名二... [続きを読む]

受信: 2006/09/20 12:28

« 京都で人気のイタリアン「イル ギオットーネ」の丸の内店でのランチ | トップページ | 新潟「小嶋屋」の「へぎそば」はノド越しが身上、歯ごたえもいいお蕎麦 »