« ランチもディナーもお得で美味しい!金沢尾山町「トラットリア タマヤ」 | トップページ | 小松水産という魚のプロがやっているお店「汐菜」 »

2006/08/26

お盆の夜「あらや滔々庵」で久しぶりの温泉を楽しんできました

久しく温泉旅館に行っていなかった。去年の秋に「かよう亭」に行ったとき以来かな?「あらや滔々庵」に行くのも一年以上ぶりだ。

ちょうど、お盆のときだったので、館内も満館だそうだが、さすが「あらや滔々庵」は、混んでいても部屋数そのものが少ないので、廊下などでもすれ違うことはマレである。

Arayatoutou_005

今回、ちょっと、めでたいこともあって、「あらや滔々庵」のご主人からシャンパンの差し入れも頂いた。どうもありがとうございました。

さて、料理のほうを順番に紹介していきたい。(メモを取っていなかったので、相当忘れてしまった……。その辺はご容赦を)

Arayatoutou_001

まずは、先付け。上のちょっと曲がった器に盛られているのは、「どじょうの蒲焼」「鴨肉」「えびす」など。左のガラスの器には「枝豆豆腐トンブリ乗せ」。右は「イチヂクの白胡麻(かな?)味噌」。

Arayatoutou_006

椀物は「加賀太キュウリ。鱧、じゅんさい」。上品なお味で満足。

Arayatoutou_007

こちらはお造り。

Arayatoutou_009 お次は、蒸し物で、「鯛の唐蒸し」。こちらでは婚礼の席で出されためでたいお料理。小鯛を背開きにしてオカラを詰め込んだもの。

ご覧のように、たっぷりと詰め込まれているオカラとの相性も良かった。

「鯛の唐蒸し」については、私も過去に書いているので、こちらを参考に。

Arayatoutou_010

焼き物は、「甘鯛」で、だし汁をかけて旨みを染みこませている。

Arayatoutou_011

この後、「かぼちゃのスープ」が出されて、ちょっと箸休め。

Arayatoutou_012

揚げ物は、「枝豆とコーンの天ぷら」。抹茶塩で食す。

Arayatoutou_013

こちらは「あわび、ズッキーニの肝焼」。当然のことながら、あわびと肝の相性はバツグン。

Arayatoutou_015

酢の物は「毛がに」。

Arayatoutou_016

そして、ご飯は「ひつまぶし」である。お腹はすでに一杯なので、そのままで一膳、お茶漬けでさっぱりと一膳、の二膳で終了した。

Arayatoutou_019

デザートはフルーツ、小倉抹茶アイス、ゼリー」。

いかがだろう?夏の温泉もいいかも知れない。

この記事が気に入ってくださったら下記をクリックお願いします。
人気blogランキングへ

にほんブログ村 グルメブログへ

|

« ランチもディナーもお得で美味しい!金沢尾山町「トラットリア タマヤ」 | トップページ | 小松水産という魚のプロがやっているお店「汐菜」 »

石川グルメ(温泉旅館)」カテゴリの記事

コメント

 こんにちは。夏のあらや滔々庵の御飯も結構独創的で美味しそうですね~。
 トラックバックありがとうございました。こちらからも貼らせてください!

投稿: 驢馬人 | 2006/08/26 15:18

驢馬人さん
こんにちは。
お盆のときだったので、ネタの点で心配でしたが、夏の料理も堪能できました。
今度は是非、夏にもお越しを。

投稿: あさぴー | 2006/08/27 16:16

いいなあ。
温泉に行こうと言っている相方が超多忙で、なかなか実現できません・・・
20代、働き盛りですからね・・・・

投稿: kapako | 2006/08/28 10:26

kapakoさん
こんばんは。
あれ?また年下ですか!?
(^^;;
行けることを祈っています。

投稿: あさぴー | 2006/08/28 18:42

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/70453/11417794

この記事へのトラックバック一覧です: お盆の夜「あらや滔々庵」で久しぶりの温泉を楽しんできました:

» 「あらや滔々庵」 夕食 [横浜発 驢馬人の美食な日々]
 「あらや滔々庵」 の続きです。     夕食はお部屋でいただけます。    お盆に出されたのはまず4品。  まずは小さなグラスに濁り酒。福娘という銘柄でしたでしょうか?日本酒は飲めないので憶えていません。  右にとろすい。とろろをだし汁でわっ... [続きを読む]

受信: 2006/08/26 15:14

« ランチもディナーもお得で美味しい!金沢尾山町「トラットリア タマヤ」 | トップページ | 小松水産という魚のプロがやっているお店「汐菜」 »