« 今度の日曜日は土用の丑。鰻の話題その1「加賀屋東京有明店」鰻まぶし御膳 | トップページ | 小松「食工房 花卯」夜のコース料理も楽しめました »

2006/07/19

うなぎと言えば浜松!本場の老舗「あつみ」でうなぎのフルコース

さて、昨日に引き続き鰻ネタである。やっぱり、「うなぎと言えば浜名湖」みたいなイメージがある方も多いだろう?

atusmi 今日は昨年夏に浜松に行った時に食べたうなぎについて書いてみたい。

実は、最初はうなぎの蒲焼なんて、まぁ、どこで食べてもそんなに変わらないのではないか!?と思っていた。もちろん、値段での違いはあるだろうが、天然物はほとんど見かけられなくなった昨今、どうせ養殖ものはどこで食べても一緒だと。

しかし、ここのうなぎはマジ旨かった。

最初、ホームページで調べて電話したら、何と!このお店は予約を受けていないのだ。人気のお店の場合は予約を受けたほうがお店側もお客にもメリットが大きいと思うのだが……?

で、仕方なく直接お店に行くことに。開店30分前に行けば十分だろうとたかをくくって行ったら、ご覧の通りの行列!(^^;;
う~ん、これはマズイ……。

そんな心配をよそに、開店時間が来て順番に店の中に。ラッキーなことにちょうど最後に座れた!ラッキー!!

で、開店と同時に席は埋まり、その後は40分以上待ちだったのだが、開店後もひっきりなしお客が来店。でも、何と!18時半にはもううなぎがなくなり以降の客は断っていました。(^^;;

ちなみに、このお店の夜の営業は17:15 ~ 19:30という短さ。道理で、開店前に行列になるはずである。

atusmi2

さて、写真の説明である。まず、一番左上はお店の生け簀である。緑色の筒に中にうなぎが入っていて顔をのぞかせている。で、その隣が「うなぎの肝焼き」。ビールのつまみに最高の一品。その右が「骨揚げ」。こちらも揚げ立ての香ばしい香りと味がビールに合う。

下段は左から順番に「白焼き」「長焼き」「うな重」である。
白焼きはわさびと生姜でさっぱりと。長焼きはタレで濃厚なうなぎの味が染みて美味しい。

最後の圧巻は、「うな重」である。脂の乗ったうなぎとタレが、温かいご飯との相性抜群!タレを染みこませたご飯だけでも旨いのである。うな肝のお吸い物も良かった。

さすが、浜松!恐るべし!!

この記事が気に入ってくださったら下記をクリックお願いします。
人気blogランキングへ

にほんブログ村 グルメブログへ

|

« 今度の日曜日は土用の丑。鰻の話題その1「加賀屋東京有明店」鰻まぶし御膳 | トップページ | 小松「食工房 花卯」夜のコース料理も楽しめました »

中部のグルメ(北陸除く)」カテゴリの記事

コメント

うまそ~
これは食いてぇ~

最近、スーパーのうなぎしか食べてないです。
トホホ

投稿: higedebu | 2006/07/20 10:02

higedebuさん
こんばんは。
鰻、高値ですね!?
しらすが昨年不漁だったようで……?
鰻は日本人にとって重要な栄養源ですから、安くて美味しいのを、ずっと食べたいです。

投稿: あさぴー | 2006/07/20 19:53

あさぴーさん、おはようございます。
こちらの鰻のお話は覚えておりますよ~♪
本当に恐ろしいほどの人気店なのですね!
きっとそれだけの価値があるのでしょう…
この“照り”がたまりませんね!
東京にいる間に伺いたいところですが
お店に入るまでに苦労しそうです(涙)。
加賀屋なら伺えそう♪
でも明日はきっと混雑しているでしょうね。
デパ地下鰻になりそうです…(涙)。

投稿: きなこ | 2006/07/21 06:45

きなこさん
おはようございます。
浜松は東京と京都の間ぐらいですから、帰省の折にでも途中下車してはいかが?
加賀屋の場所は国際展示場のそばなので、イベントがなければ空いているかも知れませんよ。

投稿: あさぴー | 2006/07/21 07:36

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/70453/8845526

この記事へのトラックバック一覧です: うなぎと言えば浜松!本場の老舗「あつみ」でうなぎのフルコース:

« 今度の日曜日は土用の丑。鰻の話題その1「加賀屋東京有明店」鰻まぶし御膳 | トップページ | 小松「食工房 花卯」夜のコース料理も楽しめました »