« 六本木ヒルズ「東京シティビュー」&「ロイズ東京バー&グリル」 | トップページ | 多才で人脈も広い、ある意味私のお師匠さん!元NHK加藤和郎氏 »

2006/07/04

「シェ・ヌウ」のDNAを持つフレンチ、金沢有松「AVANCE(アバンセ)」

Avance 久しぶりにフランス料理の話題である。私はフランス料理はそんなに食べるほうではない。

まぁ、小松にあまりフランス料理のお店がないこともあるが、どうも気楽に食べに行けないイメージを持っている。

実は、このお店「AVANCE(アバンセ)」に行くときも、本当はもっとカジュアルなお店だと思っていたのだが、行ってみてびっくり。

ナプキンやおしぼりは紙製だったが、いわゆるグランメゾンに近いフランス料理のお店だったのだ。

場所は金沢の上有松交差点のそば、有松中央病院の裏手であるが、メニューを見てどこかで見たことがあるコースの名前「美食家たちのディジュネ」?

あとで調べてわかったことだが、シェフは、前に紹介した「シェ・ヌウ」で腕を磨いていたようである。道理で「シェ・ヌウ」と同じの名前のコースが設定されているはずである。でも、値段は少しアバンセの方が安い。師匠に遠慮しているのかな?(笑い)

お店の雰囲気や食器類、それに味も何となく「シェ・ヌウ」に似ているような気もする。

では、肝心の料理の紹介に移ろう。

私が頼んだのは、お店の8周年の記念メニューとして、7月3日まで設定されていたコースで値段はランチコースで3,000円。

Avance2

アミューズは「自家製のハムとピクルス」。それに冷製前菜は「海老とサーモン、梅貝のライスペーパー包み、自家菜園のサラダ」。(ディナーには温製前菜も付く)

前菜は色々な魚介の味と食感を楽しめた。ソースは夏間近らしく酸味のきいたものが多かった。

Avance3

スープは、「とうもろこしの冷製ポタージュ」。そしてメインは「国産うなぎのポワレと山椒風味のリゾットと赤ワインソース」。

「国産うなぎのポワレと山椒風味のリゾットと赤ワインソース」は、なかなか面白かった。うなぎと山椒という、どちらかといえば和の素材といえるものをうまくアレンジしてあった。

脂の乗ったうなぎを、山椒の風味が引き締めていて、口の中で絶妙なハーモニーを奏でてとても美味しかった。シェフの発想も拍手を送りたい。

Avance_050

最後のデザートとエスプレッソである。

ついでに別の人が頼んだ「アバンセのディジュネ」(2,625円)のコースの前菜とメイン料理。

Avance5

前菜は「鮮魚(鯛)の網焼きとグリーンサラダ、蜂蜜ヴィネガーソース」。メインは「肥鶏のパリパリ焼きと豆の煮込み」である。どちらも美味しかったそうである。

冒頭でも書いたが、本当はもっと気楽に食べに入ったお店だったが、お昼から本格的なフランス料理を楽しめた。ここは「シェ・ヌウ」と同じように、素材の味を活かしながら比較的自然な味を楽しめるところだと思う。それに、野菜のこだわりを相当持っているみたいで、自家菜園の新鮮な野菜がウリ。シェフは野菜ソムリエの資格も持っているようである。

いかがだろうか?一度、出かけてみては?

AVANCE(アバンセ)
金沢市有松5-8-26 平田ビル1F
TEL 076-244-3858 
11:30~(L.O.15:00)、17:30~(L.O.21:30)
火曜休

この記事が気に入ってくださったら下記をクリックお願いします。
人気blogランキングへ

にほんブログ村 グルメブログへ

|

« 六本木ヒルズ「東京シティビュー」&「ロイズ東京バー&グリル」 | トップページ | 多才で人脈も広い、ある意味私のお師匠さん!元NHK加藤和郎氏 »

石川グルメ(フレンチ・ビストロ)」カテゴリの記事

コメント

アヤノさん
おはようございます。
シェ・ヌウいいですよ~!
彼氏に連れて行ってもらってくださ~い。

投稿: あさぴー | 2006/07/06 06:26

アバンセ美味しいですよね。
一度行った事があります。

シェ・ヌウは行きたいと思いながら未だに・・・
オーナーとお話する機会があったのですが、
とっても良いお話をしてくれました。
いろんな方とお話していますが、シェ・ヌゥのオーナーの感性が、私は好きです。

投稿: アヤノ | 2006/07/05 23:01

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 「シェ・ヌウ」のDNAを持つフレンチ、金沢有松「AVANCE(アバンセ)」:

« 六本木ヒルズ「東京シティビュー」&「ロイズ東京バー&グリル」 | トップページ | 多才で人脈も広い、ある意味私のお師匠さん!元NHK加藤和郎氏 »