« 墨色に魅せられて!墨アートの岡林里依さん | トップページ | 福光屋のアンテナショップ、赤坂TBSそば「SAKE鏡花」 »

2006/06/07

石川で食べる会津喜多方ラーメンのお店小松「丁字家」と能美市「蔵」

日本全国、ご当地ラーメンといわれ人気のラーメンは多々あれど、札幌ラーメンと博多ラーメンのように、昔から認知されてきたものを除けば、喜多方ラーメンは、ご当地ラーメンのさきがけとして有名なラーメンではないだろうか?

喜多方ラーメンと言えば、「平たい縮れ麺」でコシの強さが特徴のラーメン。一般的に「平打ち熟成多加水麺」と呼ばれており、シコシコとしたコシは、食感・喉越し共にとてもいい感じである。

味はもちろん、醤油味が一般的ではないだろうか?

さて、今日は、この喜多方ラーメンを食べさせてくれるお店を、二つ紹介したいと思う。

choujiya11 まず最初は、北陸自動車道の小松インターそばに店を構える「丁字家」である。このお店はいわゆる「食堂」のようなお店でうどん・そば・丼・ラーメンを主体としたお店で気軽に入ることが出来るお店。客層も地元の人がほとんどである。

chojiya5

喜多方ラーメンは、このお店の看板にも「喜多方ラーメン」が大きく書かれているほど、「丁字家」の看板メニューだといえる。

kura_001 お次は、能美市(旧寺井町)にある「蔵」である。こちらのお店は新潟県に本部がある会社のフランチャイズのお店。運営は「寶龍」や「上海老街」などのお店を展開しているエージグループである。

喜多方ラーメンの本部がなぜか新潟というのは置いといて、石川県には、この「蔵」というラーメン店は、金沢もりの里や、まっとう車遊館内にもお店があるが、こちらの方は本部直轄のお店みたいだ。

kura_002 よって、メニュー構成にも少し違いがあるようだが、この能美市(旧寺井町)にある「蔵」のほうは、エージグループの他のラーメン店と同じ麺を使用して、ランチにおにぎりが無料で付くなどのサービスも同じである。

味も、本来の喜多方ラーメンの濃い目の醤油ではなく、エージグループの他のラーメン店の醤油味に近い気がする。私の知りうる限りにおいては、エージグループは最初に、このお店を始めて、その後「寶龍」などのご当地ラーメンを展開しつつ、今のような中華、さらには軍鶏屋などの展開に至ったのではないだろうか?

余談であるが、ここでは、毎週月曜日と木曜日は餃子が半額になる。ランチ時はおにぎりも無料なので、喜多方ラーメン+餃子+無料のおにぎり=740円で腹一杯になること請け合いである。

この記事が気に入ってくださったら下記をクリックお願いします。
人気blogランキングへ

にほんブログ村 グルメブログへ

|

« 墨色に魅せられて!墨アートの岡林里依さん | トップページ | 福光屋のアンテナショップ、赤坂TBSそば「SAKE鏡花」 »

石川グルメ(そば、麺類その他)」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/70453/8845406

この記事へのトラックバック一覧です: 石川で食べる会津喜多方ラーメンのお店小松「丁字家」と能美市「蔵」:

« 墨色に魅せられて!墨アートの岡林里依さん | トップページ | 福光屋のアンテナショップ、赤坂TBSそば「SAKE鏡花」 »