« お店も少しずつ変化・進化している。「志の助」の鮨 | トップページ | 東京は汐留シオサイト「イタリア街」にある「リストランテ アレッサンドロ・ナニーニ」 »

2006/05/02

「焼きそば」「炒めそば」「ソース焼きそば」日本には色々な種類がある

前回、チャーハン、焼飯、ピラフについて書いたことがあるが、今回は麺で攻めてみたいと思う。

中華では、焼飯のことは「炒飯」書く。つまりは「炒めご飯」である。それと同じように、麺も炒めるので、中華の焼きそばは「炒麺(チャオ・ミエン)」と書く。

この場合も、炒飯と同じように中華鍋で「炒める」という作り方なのであろう?たとえば、前に紹介したことがある、小松の人気中華店の「勝ちゃん」や「清ちゃん」では、焼きそばのことを「炒めそば」とメニューには書かれている。

ところで、ここでまた問題になってくるのが、現在の中華料理のお店の「焼きそば」は、先ほどの「炒めそば」に類する「柔らかい焼きそば」と、麺を油で揚げてパリパリにしたものに、野菜や肉をいためて片栗粉でとろみをつけた餡をかけた「堅(固)い焼きそば」の二種類あることである。「堅(固)い焼きそば」は本場では「チャーメン」といい、前述の「炒麺」とは違うようである。

こちら(小松)の方では、中華料理屋で「焼きそば」と注文すると、通常は「柔らかい焼きそば」が出てくるのだが、昔、主張で全国各地に行った時に、同じ「焼きそば」と注文すると、「堅(固)い焼きそば」が出されるところがあった。関東や九州の方だったと記憶しているが……?

そういえば、香港でも確か「堅(固)い焼きそば」が出てきたような気もする。

さて、ここまでは中華の話だが、日本でも「焼きそば」がある。こちらの方はお好み焼き屋さんなどで鉄板に上でソースをかけて焼く麺のことで、縁日などの屋台でもよく見られる「焼きそば」である。

ソース焼きそばのほうは、家庭でも手軽に、かつ、味のバラツキなく作れる「焼きそば」である。

では、これらの「焼きそば」、私が食べたところと実際のものを紹介したいと思う。

yakisoba2

まずは「柔らかい焼きそば」。写真の上は「勝ちゃん」のもの。下は、能美市(旧根上町)のキョウカ(kyouka)の「焼きそば」で、ニラとオイスターソースが味の決め手になっている、いわゆる「勝ちゃん」系統の焼きそばとはまた違った味わいで、私も好きな「焼きそば」の一つである。

kyouka_004

agesoba_002 次は「堅(固)い焼きそば」。写真は、小松の「珍香楼」のもの。このお店では、「あげそば(搾麺)」とメニューに書かれていた。確かに、そばを揚げたものではあるが、私としては、この呼び方は初めて聞くかな?

agesoba_004

「堅(固)い焼きそば」は、そんなに食べたことがないので、美味しさの基準がわからないので評価は差し控えたいと思う。

最後は、「ソース焼きそば」。
こちらの写真は、前に紹介したお好み焼きの「ナニワ」のイカ+海老焼きそばである。もちろん、目の前のテーブルで自分で焼いて食べることもできるが、ちょうどランチ時だったので焼いてきてもらったもの。ここは焼いてきても、熱々の鉄皿に持ってきてくれるので、冷めずに熱々のものを食べることが出来るのでいい。

naniwa_002

味はあっさり系で、濃い味がお好みの場合はテーブルに置いてあるソースをかけて食べるとよいだろう。

いかがだろうか?焼きそばにも色々な種類があるが、皆さんのお好みのはどれかな?

この記事が気に入ってくださったら下記をクリックお願いします。
人気blogランキングへ

にほんブログ村 グルメブログへ

|

« お店も少しずつ変化・進化している。「志の助」の鮨 | トップページ | 東京は汐留シオサイト「イタリア街」にある「リストランテ アレッサンドロ・ナニーニ」 »

石川グルメ(そば、麺類その他)」カテゴリの記事

コメント

昨日は『日清やきそば』を食べました。
あまりにも違いすぎる(  ̄▽ ̄;)

投稿: アヤノ | 2006/05/03 12:15

アヤノさん
私もUFO好きですよ~!
っていうか、インスタント系の麺類は大好きです。

投稿: あさぴー | 2006/05/03 14:58

あさぴー様 
僕は焼きそばではないのですが、最近CMで見かける焼きラーメンに興味津々です。想像するに、汁気の多いインスタント焼きそばなのかなと思ってますが、まだ食する機会がありません。

投稿: タカヤナギユタカ | 2006/05/03 16:49

ユタカさん
こんにちは。
焼きラーメン、私も未経験です。
今度、福岡に行くので、食べられれば食べてみたいと思っています。

投稿: あさぴー | 2006/05/03 17:26

小松は太麺焼きそばが多いですね
「勝っちゃん」「珍龍」好きです

投稿: りょう | 2006/05/03 22:03

りょうさん
こんばんは。
小松の焼きそば、どこも美味しいですよね!?
勝っちゃんでは、必ず、炒めそばは頼みます。

投稿: あさぴー | 2006/05/03 22:17

私も、しっとり系の勝ちゃん派です。
ちょぴっとラー油なんぞをかけたりして。
あぁ勝ちゃん.....
行きたくなってきました。

投稿: ゆりまる | 2006/05/03 22:25

ゆりまるさん
こんばんは。
勝ちゃんの焼きそばは、おつまみにもなるのでいいんです。(笑い)

投稿: あさぴー | 2006/05/03 22:29

ひとくちに焼きそばといっても、本当に色々ありますね。
どれも選べないくらい美味しそうな焼きそばばかりです。
焼いたり炒めたりせず、調味料をあえるだけの
あえ麺も実は好きです。

投稿: Ricette | 2006/05/06 08:27

Ricetteさん
こんにちは。
日本人の「食」に対する感性は素晴らしいと思います。
次々と新しい種類の料理を作り出しますね。
たかが「焼きそば」、されど「焼きそば」。奥深いです。

投稿: あさぴー | 2006/05/06 09:25

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/70453/8986166

この記事へのトラックバック一覧です: 「焼きそば」「炒めそば」「ソース焼きそば」日本には色々な種類がある:

» クセニなる勝ちゃんの炒めそば@小松 [加賀日和]
以前に餃子を紹介した小松の勝ちゃんの焼きそば。勝ちゃんでは焼きそばとは呼ばずに、炒めそばとしてメニューに載っている。 麺は平麺。味付けはソースではなく醤油ベース。ヌメっとした食感の炒めそばは、多くの人が認めるだけあって確かに旨い。これはクセになりそう。..... [続きを読む]

受信: 2006/08/26 09:25

« お店も少しずつ変化・進化している。「志の助」の鮨 | トップページ | 東京は汐留シオサイト「イタリア街」にある「リストランテ アレッサンドロ・ナニーニ」 »