« 「祇園 ねぎ焼 粉(kona)」の本家、「祇園 ねぎ焼 かな」はやっぱり本家だ | トップページ | 浅野太鼓がやっている、全国的にも珍しい「太鼓の里資料館」リニューアル »

2006/04/07

加賀市には何故か蕎麦のお店が多い?山代温泉「そば山背」はこだわりの蕎麦屋

私のブログでは、「小松はうどんが美味しいぞ!」と常々書いてきた。確かに考えてみると、小松にはうどん屋は多いが、蕎麦のお店は少ないようである。あったとしても、うどんと蕎麦を両方やっているところがほとんどではないだろうか?

ところが、加賀市の方に目を移して見ると、正確に数えたわけではないが、うどんより蕎麦のお店の方が多い気がする。前にも紹介した「南郷 山英」「加賀上杉」「まちや」など、美味しい蕎麦を食べさせてくれるところが多いと思う。

さて、そんな加賀市の美味しい蕎麦屋を紹介したいと思う。それは、山代温泉に2年前に開店した「そば山背」というお店。ちょっと場所がわかりにくいかもしれないが、山代温泉の共同浴場のそばの路地を少し入ったところにある。

yamase

ここ「そば山背」のご主人は陶芸家の伊豆蔵正次氏。そのご主人の趣味が高じて出来たお店らしい。もちろん、器はご主人自ら作ったもの。写真のように、お店にも作品が飾られている。そんな器に盛られる蕎麦は2種類。皮を剥いたそば粉を製粉した「山背そば」。それに、外の鬼皮から丸ごと製粉した「田舎そば」の2種類を味わうことが出来る。そば粉は自ら石臼で挽いて作っているし、「田舎そば」は地元産の蕎麦を使うほどのこだわりの蕎麦なのである。

今回、私はその両方を味わってきた。それは、このお店のうれしいところは、小盛の蕎麦がメニューにあるからである。

もっとも、小さい蕎麦といえども、そこそこの値段がするのだが……。

yamase2 では、肝心の蕎麦のほうを紹介しよう!
まず、「山背そば」は更科系のそば。十割なのかな?少し短く切れていた。
こちらは、私の好きな「おろし蕎麦」。ちょっと薄めのツユをぶっかけした蕎麦。辛み大根との相性がとてもいい感じ。

お次は、「田舎そば」。こちらは「とろろ蕎麦」で楽しんだ。太目の黒っぽい蕎麦が、いわゆる田舎そばそのまま。ツユも先ほどの「山背そば」のものに比べてだいぶ黒っぽく濃い味のもの。とろろと蕎麦を混ぜると、とろろまで黒くなるほどだが、見た目よりクドくなく、喉越しにとろろのヌメリと相まって吸い込まれていく。

両方とも食べるとお腹もふくれて満足満足。小盛りといえども、両方あわせると1540円もするのだが、その値段の価値はあると思う。

陶芸家のご主人が作った器盛られた美味しい蕎麦を食べにくるファンも多いと聞く。温泉帰りにでも立ち寄ってふらっと食べに行きたいお店だ。

そば山背
加賀市山代温泉18-50
TEL 0761-76-0357
月・火曜日休

この記事が気に入ってくださったら下記をクリックお願いします。
人気blogランキングへ

にほんブログ村 グルメブログへ

|

« 「祇園 ねぎ焼 粉(kona)」の本家、「祇園 ねぎ焼 かな」はやっぱり本家だ | トップページ | 浅野太鼓がやっている、全国的にも珍しい「太鼓の里資料館」リニューアル »

石川グルメ(そば、麺類その他)」カテゴリの記事

コメント

この前、久々に母が「新しく蕎麦や出来たみたいだから行こう」と、俵町の山奥まで連れて行かれ、やっとこ着いたそこは週末限定営業の蕎麦やであった。
その日は火曜日・・・
仕様がなくひき返し、太陽が丘のカンピオーネでイタリアの蕎麦を食べましたわ。
おかん!下調べしろよ~

投稿: kapako | 2006/04/07 16:48

今日はお腹すいていません(^^)v
ソバだ~いすき!
三浦っちのお気に入りは、
草庵?こんな漢字だったかな???
2年程前に勝山で、手打ちソバ体験をしたのですが、
自分で作ったソバは、格別いうまい!!!

投稿: 三浦っち | 2006/04/07 23:46

kapakoさん
やっぱり、蕎麦は家のそばで食べるべし。

投稿: あさぴー | 2006/04/08 09:40

三浦っちさん
おはようございます。
鶴来の草庵もいいお店ですね!?
こちらに書いています。
http://asahip.cocolog-nifty.com/asap/2005/05/post_cb59.html

投稿: あさぴー | 2006/04/08 09:42

ブログ友達の関西の人で金沢に数年駐在していた人がいるんですが、北陸のソバをほんと懐かしがってらっしゃいます。確かに更科ソバばかりだと(関西の事情は知らないけれど)、「ぶっとい北陸のソバ(その方の表現)」はすごく恋しくなる。でも加賀がソバ銀座状態とは。知りませんでした。

投稿: kawahara | 2006/04/08 17:19

連続失礼、その方の去年のゴールデンウィーク石川旅行の際のエントリーです^^。

http://blog.goo.ne.jp/risa-ferunandesu/e/4a559bbcebf3f3ab889e1ba736be7203

投稿: kawahara | 2006/04/08 17:23

kawaharaさん
こんばんは。
石川の蕎麦だと、白山市あたりのほうが、もっとお蕎麦屋さんがたくさんありますが、加賀市もなかなかのものです。意外でした。

投稿: あさぴー | 2006/04/08 19:44

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/70453/9057409

この記事へのトラックバック一覧です: 加賀市には何故か蕎麦のお店が多い?山代温泉「そば山背」はこだわりの蕎麦屋:

» そば山背 - 山代温泉 [加賀白山おったからまつり]
 今日は蕎麦シリーズでございます。すっかり食べ歩き癖がついてきて、再び太り気味の三号です。  今回は山代温泉にある『そば山背』  場所は総湯のそばで、依然ご紹介した「COCKTAIL Bar SWING」のお隣。  ここのご主人は陶芸家だそうで、器もご主人がこ....... [続きを読む]

受信: 2006/07/14 08:55

« 「祇園 ねぎ焼 粉(kona)」の本家、「祇園 ねぎ焼 かな」はやっぱり本家だ | トップページ | 浅野太鼓がやっている、全国的にも珍しい「太鼓の里資料館」リニューアル »