« 2005年11月 | トップページ | 2006年1月 »

2005/12/25

今年のブログの締めはやっぱり「志の助」かな!?(笑い)

今年も、残すところ後わずか。年末ともなるとバタバタして何かと慌しくなってくる。で、昨晩はクリスマスイブということで、皆さん、思い思いのイブを過ごされたのではないかと思う。

かくいう私は、イブの日に遠来からの客人たちと一緒に鮨を食べに行って来た。(笑い)

行ったのは、このブログで何度も取り上げたことがある、ご存知「志の助」。今年の新ネタ記事の最後は、ここ「志の助」のことを書きたいと思う。

思い起こせば、今年は特に鮨屋に通う回数が多かったように思う。もちろん、ブログをやっていることで多くなったのであるが、私が肉が嫌いということで、肉が出てくる心配がほとんどない(笑い)鮨屋は、私にとって大のお気に入りなのである。

今年伺った鮨屋は、どこも美味しいところばかりであった。
私のお好みはちょっと一仕事してある、いわゆる江戸前の鮨が好みである。こちらでは、新鮮な海の幸が豊富で、ネタで勝負する鮨屋が多いのだが、このブログで紹介してきたところは、ほとんどがネタに何らかの味を付けて、あまり醤油をつけないで食べるところが多かったと思う。もちろん、この辺は、好みの問題なので、あまり私の意見を押し付けるつもりは毛頭ないのだが。

そんな数ある鮨屋の中でも、やっぱり「志の助」が一番好きかもしれない。小松なので近いということで、行きやすいといったこともあるだろうが・・・。

さて、行く前はネタがあるかどうか心配であった。ここ最近の寒波により、海もシケ続きで漁獲量が少なくなっていたからである。しかし、白身魚はさすがに無理だったようだ。あと、今の時期、こちらの猟師たちはカニを獲るのに忙しく、ガスエビなど底引き網で獲れる種類の魚介類は入荷が少ないようである。

肝心の写真の方、これまでも数多くの写真をアップしてきたので、今回は食べるほうに専念したのだが、旬のものだけは写してきたので紹介したいと思う。

ますは、香箱ガニ。今回は4人だったので、半バイずつ。やっぱり内子は美味しい。

shinosuke_003

お次は寒ブリ。もみじおろしで食べると上品な脂が引き立つ。

shinosuke_004

そうそう!握りも一つ紹介しておこう!トロの炙り、そう、アブトロである。トロもシンプルに食べるのもいいが、少し炙るだけで、また違った味わいがある。

shinosuke_011

今回、他にも色々食べたが、いつもながら遠来からの客人も大満足の夜であったことは間違いない。

さて、今年の新作(?)の記事アップは、今日で最後です。明日から新年5日までは、お正月特番(笑い)として、これまでの1年間を振り返ってのダイジェスト版をアップします。
記事はグルメネタだけを種類別に一覧をアップし、あわせて、それらの写真のダイジェストも添付する予定です。ただし、最後の「旅行・地域」のカテゴリーだけはリストのみの掲載となります。タイトルには全てリンクを張ってあります。クリックしていただければダイレクトに記事に飛びます。興味のある記事がありましたら、改めてご覧ください。

この記事が気に入ってくださったら下記をクリックお願いします。
人気blogランキングへ

にほんブログ村 グルメブログへ

| | コメント (2) | トラックバック (0)

2005/12/19

クリスマスが近くなるとフランス料理を食べたくなる?「ロベール・デュマ」

robeltdumas_001ロベール・デュマ」。金沢のフランス料理のお店では一、二を争う有名店ではないだろうか?

私は普段はフレンチはあまり食べたいと思わないのだが、クリスマスが近づくこの時期だけは、ワイングラス片手に美味しいフレンチを食べたくなる。何故だろう?

今回、私のブログの一周年記念も兼ねて、初めて「ロベール・デュマ」でディナーを楽しんできた。(笑い)
もっとも、「ロベール・デュマ」については、私よりもよくご存知の方も多いし、フレンチにそんなに食べていない私が、偉そうに感想を書くなどというのは気が引ける面も無きにしも非ずかもしれないがお許し願いたい。

robeltdumas_003 「ロベール・デュマ」には、和室で料理を楽しむことができるのをご存知だろうか?(別途、使用料がかかるのでご注意)
一番奥の静かな場所に本格的な和室があり、しっとりと落ち着いて美味しい料理に舌鼓を打つことが出来るのである。この日も雪が降る夜であったが、部屋の雪見障子から眺める庭も、料理の味を引き立たせるアイテムとなっていた。

さて、今回、私が頼んだのは肉が入っていない「おまかせ魚づくしコース」。
北陸は、ご存知の通り魚のおいしいところ。そんな主の地の素材を使ったコースである。

私は「ロベール・デュマ」は本格的なフレンチで、味もこってりしていると思っていたが、あにはからんや、和室に合った味にしてくれたのか、とても素材の味を旨く引き出した和のテイストいっぱいの品々であったと思う。

まずは、前菜「旬の一口のオードブル」。魚介のカルパッチョ。金銀箔が張られた皿に盛られたイタリアンテイストな一品であった。

robeltdumas_008

続いては「主菜からのメッセージ」。たらの白子と聖護院蕪を使ったソテーで、白子は生で食べても美味しいものを使っている。和皿に盛られたセンスもgood!

robeltdumas_010

次は「旬の海の幸を取り囲んで」。金目鯛とズワイ蟹のグラタン。こちらも、陶板のような皿に盛られいた。

robeltdumas_013

メインは「金沢港からの贈り物」で、牡蠣と大根、スズキのムニエル。オイスターソースで、少し和のテイストで仕上げている。

robeltdumas_019

そして最後のデザート(ディセール)がこれである。

robeltdumas_020

どうも、この魚のコースは、お皿といい味といい、和食を意識した作りになっているようである。私にとっては、ちょっと意外であったが、しかし、とても気に入った!(笑い)食べる場所も和室であったので余計そう感じたのかもしれない。

ちなみにワインは、シャンパンとアルザスの白のハーフ、それにボルドーのメドック地区SAINT-ESTEPHE(サンテステフ)「CHATEAU LES ORMES DE PEZ」(シャトー・レゾルム・ド・ペズ)を一本!美味しい料理だとワインも進む!(笑い)

たまには、フレンチのコースディナーもいいかな?と思った一日だった・・・。(^_-)

この記事が気に入ってくださったら下記をクリックお願いします。
人気blogランキングへ

にほんブログ村 グルメブログへ

| | コメント (6) | トラックバック (1)

2005/12/13

地元の人に愛されている山代温泉「一力」は旬の味を楽しめる穴場かな?

山代温泉・万松園商店街の通りを少し入ったところに、「一力」はある。一応、割烹、小料理屋という感じだが、居酒屋のように気軽に楽しめるお店である。

温泉街だと、観光客のお客さんはあまり見込めないだろうが、ここ「一力」は、地元客にしっかりと支持されているようである。行った日は日曜日の夕方6時であった。カウンターと座敷で30名ぐらいは入れるようだがちょうど私でお店が一杯になって、後のお客は断っていたほどである。

「一力」のウリは、新鮮な地元の魚介を使った料理の数々。それに、ここで使われている器やグラスも、とてもいい感じである。カウンターの上には日替わりで大皿が5、6皿ほど並んでおり、他にも旬のネタを中心とした素材を、揚げ物、焼き物、鍋物などに華麗に変身させていくのである。

一品一品のボリュームも多めで、値段も手頃。温泉街ということで、味にはうるさい人が多い土地ではあると思うが、そんな地元の人にも支持されるのもうなづける。

ichiriki

さて、料理の方を紹介していこう。写真上段は、大皿料理の「春雨サラダ」「おでん」。1人前でもご覧のボリュームである。「春雨サラダ」は私好みの味付けであった。「おでん」も比較的上品な味付けだが、大根にもしっかり味が染みて美味しかった。上段一番右は「たらの白子酢」と「ナマコ酢」。とても素敵な器に入れられて出てきた。これからの季節、「たらの白子」「ナマコ」も美味しい季節である。

下段は左から順番に、「お造り盛り合わせ」「ゲソの石焼」「ホタテのかき揚げ」「かす汁」である。
「ゲソの石焼」は新鮮なイカのゲソを、焼けた石の上で焼きながら食べるのだが、これが旨かった!イカを焼くと香ばしい磯の香りが立ちのぼり、否が応でも酒がすすむ。それと、「かす汁」も具沢山の逸品であった。これからの寒い日には体が温まっていいだろう?山中塗の朱塗りの器もいい感じである。

あと、このお店で有名なのは、三色おにぎりである。海苔・昆布・ゴマのおにぎり3個ついて、500円である。しかし、このお店は一品一品の量が多めなので、ここに至る前に残念ながらお腹がいっぱいになっていたので注文できなかった。(^^;;

皆さんも、食欲に自信がある方は是非一度食べてみることをお勧めする。もちろん、ボリュームだけではなく味も素晴らしい。

一力
加賀市山代温泉6-ヨ-91
0761-76-2212
月曜休日

この記事が気に入ってくださったら下記をクリックお願いします。
人気blogランキングへ

にほんブログ村 グルメブログへ

| | コメント (2) | トラックバック (1)

2005/12/11

片山津のかぼちゃ村、最後の紹介のお店「ア・ポワン」

apoan_001 かぼちゃ村のお店は、過去「ラ・ヴィーヴ」「いちごいちえ」の2店を紹介したことがある。まだ紹介していなかった最後のお店として「ア・ポワン」について書きたいと思う。

実は、これまでに紹介したことがある2つのお店は、これまでも何度か行ったことがあったのだが、ここ「ア・ポワン」は、昔一度だけパンを買いに行ったことがあるだけで、お店の中で食べたのはこれが始めてであった。

いや~、意外と言っては失礼だが、入る前にはこんなに多くのメニューがあって、しかも、案外広いスペースが後ろにあるとは思ってもみなかった。パンメニューが基本のお店と思っていたから、びっくりである。帰ってからWebで調べたら、確かに色々書いてあった。(笑い)

メニューの特色は、アジアンテイスト、無国籍風のメニュー。「ビビンバ風ピラフ」「ナシゴレン」「アジアン焼きそば」「スパイシーカレー」などの文字がメニューに並ぶ。で、脇にはピッツァなどの普通?のメニューがあったり、パン屋さんが基本なのでHOTサンドなどのベーカリーメニューもあったりして、結構メニューを眺めるだけで楽しめる。

apoan_004 そういえば、お店の内装も、アジアンテイスト。なかなかいい感じのお店である。

上記のメニューの値段は、780円から830円で、それに100円をプラスすると、サラダとスープがつくセットメニューになる。
あと、限定のランチメニューも日帰りで、毎日2種類ほどある。

apoan さて、肝心の料理の方であるが、写真は「ビビンバ風ピラフ」と限定ランチのもの。「ビビンバ風ピラフ」は、まぁ、一言で言えば、ピラフが熱々の石椀に入っているということ。味は、見た目はもっと辛いものを予想していたが、至ってシンプルなピラフ。韓国風=辛い、というイメージがあるせいか、少々拍子抜けした感もある。(^^;;
まぁ、でも、味そのものはそんなに悪くない。

apoan_011 もう一つの限定ランチは、一緒に行った友人が食べたものであるが、「カブと鶏肉のクリーム煮」である。一見ジャガイモのように見えるのがカブである。こちらは私は食べなかったのでわからないが、ヘルシーな感じだったようである。限定ランチは日替わりである。そうそう、こちらのランチメニューには食後のコーヒーが付く。

さて、「かぼちゃ村」の3軒を紹介したが、どれも、コンセプトが違ってそれぞれに楽しませてくれるし、ここは素材も地元のものを極力使っていて好感がもてる。

皆さんも、加賀方面にお越しの折は行ってみてはいかがだろうか。

この記事が気に入ってくださったら下記をクリックお願いします。
人気blogランキングへ

にほんブログ村 グルメブログへ

| | コメント (4) | トラックバック (1)

2005/12/10

九谷焼はこちらが本場?能美市「九谷陶芸村」

先日、加賀市にある「石川九谷焼美術館」を紹介した。この施設は県立の美術館である。しかしながら、現在の伝統工芸としての九谷焼の生産拠点は能美市(旧寺井町)のほうである。

工房をはじめ、九谷焼を生業として営んでいるところは、圧倒的にこちらの方が多いだろう?なぜ、石川県立の九谷の美術館が加賀市にあるのかについては、色々な理由はあるだろうが私は知らない。

今日は、そんな能美市に敬意を表して、能美市泉台町の「九谷陶芸村」にある九谷焼関連の施設を紹介しよう!

kouda_001 まずは、「九谷焼資料館」である。この施設は九谷焼に関しての歴史を紐解き、数々の名品を鑑賞できる施設である。残念ながら、出来てから20年以上経った施設で展示も少しばかり古くなった気もするが、九谷焼を体系立てて理解するにはいい施設であると思う。

kouda_006 次は「九谷焼資料館」の隣に位置する「浅蔵五十吉(あさくら・いそきち)美術館」である。この施設は旧寺井町出身の陶芸家で、平成8年に文化勲章を受けた浅蔵五十吉(1913~1998年)の代表作を紹介するために出来た施設であるが、建築的にも素晴らしい施設である。浅蔵氏と親交のあった池原義郎氏の設計。直線を活かし、玄関には円形の池を配し視覚的に奥行きと広がりを持たせている。

中は、奥行きのある一直線の展示スペースで、浅蔵五十吉の主に平成の作品を一同に見ることが出来る。

kouda_008 最後は、「九谷焼陶芸館」で、ここは「九谷焼資料館」の別館として平成2年に開館した。
ここでは、来訪者が簡単に陶芸に親しむことが出来るように、ロクロ、上絵付け道具、本窯、上絵窯などが設けられており、陶芸の基礎から指導員が詳しく指導してくれ、陶芸の楽しさを十分に堪能できるようである。(残念ながら私は体験したことがない)

そうそう、ここ「九谷焼陶芸」にいらっしゃる佐久間忍さん、なかなか味な作品を作ってますよ!

syunan2_041

この記事が気に入ってくださったら下記をクリックお願いします。
人気blogランキングへ

にほんブログ村 グルメブログへ

| | コメント (2) | トラックバック (0)

2005/12/07

加賀市大聖寺「石川県九谷焼美術館」と「茶房 古九谷」でホッとしよう!

ご存知、九谷焼は石川県を代表する工芸品である。

九谷焼については、前にも私のブログで紹介したことがあるが、その「九谷」という名前の由来が現在の加賀市にある。10月より合併で加賀市となった山中温泉から約12~13キロ山の方に入ると、九谷村というところがあり、そこで江戸時代に大聖寺藩により、九谷焼が興されたのである。

Kayoutei_116

そのため、石川県はここ加賀市に「石川県九谷焼美術館」を作ったのだろう?もっとも、いまは合併して加賀市となっている。しかし、美術館が出来たときは、まだ山中町だったはずだが・・・。(^^;;

そんな、「石川県九谷焼美術館」に本当に久しぶりに行ってきた。ちょうど加賀市・山中町の合併を記念して「華麗なる用の美 古九谷と山中漆器の出会い展」というのをやっていた。こちらは、来年の1月15日(日)までやっている。

「石川県九谷焼美術館」の設計は象設計集団。そばを流れる大聖寺川の治水公園も彼らが手がけており、美術館と一体となった景観を実現している。象設計集団とは、能都町の縄文真脇公園と温泉の設計も手がけているユニークな設計集団で、私もその当時から注目していた。

さて、私のブログはグルメのブログである。もちろん、料理そのものが主役ではあるが、その主役を引き立たせるためにも「器」は大切な道具である。どんなに素晴らしい皿や茶碗であっても、使われなくて単に飾るためだけのものであるならば、本当に悲しいことだと思っている。

九谷焼・山中漆器も美術工芸品として高い評価を受けている。しかし、もちろん「使われるために作られた」道具としての側面も持っている。

今回の展示は、道具としての九谷焼と山中漆器に焦点をあて、二つを一緒に置いて展示することで「用の美」を理解してもらおうという試みであった。いわばコラボレーションと言っていいだろう。

テーマや趣旨には大いに賛同したが、展示の内容はもう少し工夫があってもいい気がした。単に山中漆器の上に九谷焼の器が置かれていたものが多かったようである。

ところで、、「石川県九谷焼美術館」は、建築的にもなかなかいい空間の美術館であると思う。中庭を回遊する形で見て回るのだが、その庭に向かってところどころに素敵なイスが置かれ、展示品を見ながら時々イスに座り、外を眺めて気持ちをリセット出来る工夫でとてもいい感じである。

Kayoutei_119

また、入り口の傘立てなども九谷焼で出来ていたり(写真中)、パソコンを使ってバーチャル絵付けが出来たり(写真下)、なかなか面白い美術館だと思う。

Kayoutei_134

また、二階には「茶房 古九谷」というお土産と喫茶のお店があり、こちらもなかなかのお勧めのお店である。

Kayoutei_121

空間も天井が高く気持ちがいい。この空間でお茶を飲むと美味しく感じられるだろう?お店の中はギャラリー形式となっていて、二ヶ月に一度ぐらいテーマに応じた九谷焼の作家の力作が展示され、もちろん買い求めることも可能となっている。

Kayoutei_126

この記事が気に入ってくださったら下記をクリックお願いします。
人気blogランキングへ

にほんブログ村 グルメブログへ

| | コメント (2) | トラックバック (1)

2005/12/05

初めて?お好み焼きのお店を紹介。小松「ナニワ」

naniwa_003 そういえば、お好み焼きのお店をこれまで紹介したことがなかった。

厳密に言えば、前に紹介した「京祇園 ねぎ焼き 粉」もお好み焼きの範疇だろうが、粉さんのねぎ焼きは、そんなカテゴリーでくくれないほど美味しいものでった。

さて、お好み焼きといえば、大阪と広島が有名だろう?私も子供の頃を含めて大好きなものの一つであるが、まぁ、これまではどちらかと言うと、食事というより「おやつ」といった感覚が強かったかもしれない。

それと、お好み焼きの美味しいお店と言えば、案外、県外資本のお店が多く、「石川県」にこだわっている私としては、あまり注目してこなかったアイテムかもしれない。

今日紹介する「ナニワ」は、そんなお好み焼きの美味しいお店としても知られているが、ランチメニューが安くてボリュームたっぷりなので、あわせて紹介したいと思う。食べに行ったときは平日のランチ時で、そこそこ広い店内はほぼ埋まっていた。ランチ時に何回か行ったことがあるのだが、大体賑わっていて人気の店である。

まずは、お好み焼きであるが、ここのお好み焼きは関西風の至ってオーソドックスなタイプのものである。メニューの種類もそんなに無く、豚、イカ、エビなどである。ちなみに、鉄板で焼くもう一つの主役「焼きそば」も同じ種類のものである。

naniwa_002

ちょうどランチに会社の人と一緒に食べに行ったので、目の前の鉄板で自ら焼く形ではなく。お店の人に焼いてきてもらったのが、このお好み焼きである。具は「イカ+エビ」で800円である。
味の方はと言えば、生地の中にとろろが入っているのだろう、モチモチした食感で舌触りもいい感じ。焼加減もなかなかのものでった。実は私はお好み焼きを焼くのがそんなに上手くない。(^^;; まぁ、じゃまくさいといったこともあるが・・・・。やっぱり、プロに焼いてもらったほうが美味しい。。。

naniwa_001 次に、一緒に行った会社の人が食べたランチである。メインのおかず(この日は串カツ)に小鉢2品、うどんがついて630円である。はっきり言ってお徳である。メニューに肉が入っていなかったら私も頼んでいただろう?

ナニワ
TEL 0761-24-0720
小松市大領町ロ152

この記事が気に入ってくださったら下記をクリックお願いします。
人気blogランキングへ

にほんブログ村 グルメブログへ

| | コメント (6) | トラックバック (0)

2005/12/03

今年も「ぬしや」八木さんのところで蕎麦のフルコースご馳走になりました

毎年開かれている「ぬしや」八木繁さんのところの蕎麦の会に今年もお邪魔した。

そこで、蕎麦のフルコースを頂いてきたので、紹介したいと思う。

この会は、山中塗の作家であり篠笛の名手でもある八木繁さんが毎年開いている会で、いつもお世話になっている人たちを招いて、八木さんの自宅でそばを八木さん自ら打ち客人をもてなす会である。

私も、今年で4回目の参加になるが、毎回参加する人数も多くなり、八木さんも大変だなぁ?と思う次第。東京などからもわざわざこのために来てくれる人もいるほどの人気である。

yagisan_008

yagisan_014そば粉は地元、鳥越の新そば。香り豊かな新そばはとても美味しい。その美味しい新そばを色々な形で食べさせてくれるので、この一日でそばの醍醐味(?)を全て味わえるのである。本職のそば屋さんも真っ青。

そうそう!毎回、この会には本職のそば屋さんである、金沢片町「更科 藤井」の藤井さんも参加している。毎回、最後は本職の藤井さんもそばを打つようになるほど、満員御礼の盛況である。

yagisan まずは「水そば」。打ち立ての新そばを水だけで食べるもの。新そばは香りを楽しむそばであるから、このような水だけでそばを食べると、これまたそばの香りがして、喉越しに美味なるもの。

次はおろし蕎麦である。ここで出されるそばは全て十割のそば。そば本来の味と香りを楽しめるのだが、その香り高きおろし蕎麦には辛み大根がよく合う。

最後は、加賀の丸いものつけ汁で食べる「つけとろ」。加賀の丸いもはヤマノイモのツクネイモ科の芋で、とろ~りと粘り気が凄い、とても美味しい芋である。「丸いも」はすりおろして生でご飯にかけたりして食べるのが普通なのであるが、これをそばのつけ汁として使う贅沢なそばなのである。これがそばと微妙に絡み合って誠に美味なるそばに。

そしてデザートは、「そばがきのぜんざい」。餅にも引けを取らない美味しいそばがきに、少し甘さを抑えたぜんざいがいい感じで、甘いのが嫌いな私でもすっと胃の中に消えていった。

そうそう!八木さんは山中漆器の職人さん。もちろん、この日使われた器は全て八木さんと息子さんの手になるものばかり。通常、そば猪口は陶器のものが多いのだが、漆のものも温かみがあってとてもいい感じである。皆さんも一度、漆の器でそばを楽しんでみるのもいいのではないだろうか?

この記事が気に入ってくださったら下記をクリックお願いします。
人気blogランキングへ

にほんブログ村 グルメブログへ

| | コメント (2) | トラックバック (1)

2005/12/01

小松の和茶房「旬庵」再び!今回は旬庵ランチの紹介です

カエデママさんや、t.4.2.vm_skiさんが過去にランチのことに触れているので、そちらも参考にして欲しいのだが、実は私は「旬庵」のランチは初体験であった。

ちょっと市内からは遠いので、ランチの時間に行って帰ってくるのが少々難しいいう理由で行けなかったのだが、この日はちょうど近くまで行く用事が出来たので立ち寄った。

syunan6 旬庵では、お昼メニューはランチのみ。アイスクリームにデミコーヒーがついて850円。お徳である。ちなみに、土曜日は「うどん定食」になっていて1000円である。

この日のランチには「根菜と牛のスネ肉のデミグラス煮込み」「干し大根と油揚げの煮付け」「きんぴらごぼう」「イカとキュウリの酢味噌和え」が付いていた。ご飯は「胚芽米」でこちらもとても美味しかった。

syunan3

「根菜と牛スネ肉のデミグラス煮込み」は、肉が嫌いな私のために、旬ママが肉を抜いて野菜を多めにしてくれた。ありがたいことである。(^_^) 根菜はレンコン、サツマイモ、大根である。これから寒くなってくると、根菜のような体を温めてくれる野菜は女性にとってはありがたいと思う。その根菜も、大根以外は皮はそのままで煮込んであったが、栄養は皮のすぐ内側の方が優れているので、これはいい考えだ。それに、デミグラスソースを使って、うまく和風に味付けてある。私は肉を食べないのでわからないだろうが、このデミグラスソースで煮込んだ牛スネ肉はとても美味しいのではないだろうか!?

「干し大根と油揚げの煮付け」、こちらもよかった。大根もスーパーで売っている切って干した大根ではなく、大根のまま干したものを輪切りにしており、大根のシャキッとした食感も残っており素晴らしい。「きんぴらごぼう」も、ごぼうの食感を損なわずに上手く味付けてある。こちらもご飯がすすむ逸品である。そうそう!お漬物も自家製で旨かった。

全体的には、食材の旨みを活かして、しっかりとした味付けである。しかし、味そのものはくどくなく飽きのこない味に仕上がっており、ご飯のおかずとしては申し分ない仕上がりだと思う。器類共々旬ママのこだわりが光っているランチだ。

syunan

あと、このお店のいいところは、隣の和室のギャラリーで色々な作家の個展などを毎回楽しむことが出来ることであろう。今回お邪魔したときは、信楽焼の作家の個展が開かれていた。食後のひと時をゆったりと過ごすことも、これまたいいだろう?

お昼時の12~13時は、地元をはじめ遠方からも多数食べに来るので混んでいることあるので、時間をずらして行ったほうがいいかもしれない.

この記事が気に入ってくださったら下記をクリックお願いします。
人気blogランキングへ

にほんブログ村 グルメブログへ

| | コメント (8) | トラックバック (0)

« 2005年11月 | トップページ | 2006年1月 »