« 小松の中華のお店で食べたセットメニューほか色々 | トップページ | 日本三名菓の一つ、森八の「長生殿」は加賀の香りがいっぱい »

2005/11/18

山中温泉「かよう亭」の夕食は地物にこだわった素晴らしい料理の数々

さて、先日、「日本一の朝食」ということで紹介した山中温泉「かよう亭」の夕食について書きたいと思う。

朝食は素晴らしいものであったが、夕食ももちろん素晴らしい。
特に器から素材に至るまで、地の物を大切にするご主人の「想い」が隅々にまで行き届いたものばかりであった。

漆器はもちろん地元の山中漆器ばかりを使っているようだ。ご主人もその辺は相当こだわりがあるようである。焼き物は九谷焼を中心にしながらも、色々世界中から集めてきたものを使っている。それは人間国宝の作品からアンティークなものまで色々で、欠けたりしても金を使って補修しながら長く使うことを心がけているようである。とてもいいことだと思う。

さて、では、料理の方を順番に紹介しよう!今日はあまり多くを書かずに、目で楽しんでもらおう!

そうそう、ご主人には事前に無理をお願いして、献立表を書いていただいた。ご覧のように墨で書かれ、落款も押されている。

kayoutei_027

まずは、食前酒の「花梨」と先付の「柿酒粕漬け、才巻海老占地唐墨」

kayoutei_015

次は、前菜「小糠にしん、百合根曙茶巾餅、銀杏醤油漬け、生子芋この掛け胡桃 干しぶどうカステラ」
山中漆器の盆の赤がきれいである。銀杏醤油漬けがとても美味しかった。これまで食べた中では一番だろう!?

kayoutei_014

吸物の清吸(鶉の丸、焼葱、焼餅、青菜、柚子)

kayoutei_017

造りは初鰤、平目である。
鰤はもちろん天然物で上品な脂で旨かった!

kayoutei_020

しのぎは蕪寿司で口の中をリセット。
酢飯の塩梅もちょうど良かった。

kayoutei_021

炊合は「がしら芋(針生姜、青味)」。
お品書きでは「がしら芋」となっているが、正式には「八ッ頭(やつがしら芋)」という。もしかしたら、これまでも食べたことがあるかもしれないが、記憶にないのでこれが初体験かな?
見た目は大根のようだが、里芋のような舌触りで美味しかった。

kayoutei_025

焼物は「鰤の塩焼き」。
これから本格的な寒鰤のシーズンである。鰤は普通「照り焼き」で食べることが多いが、天然物の上品な脂には塩焼きの方が向いているだろう?

kayoutei_022

続いて強肴「ずわい蟹具足煮」。
こちらはもなかなかの美味。煮汁が美味で、ご飯があれば、これだけでご飯が食べられるほど。

kayoutei_029

酢物も「香箱蟹」。
内子がとても美味しい香箱であった。そうそう!外子も同じく美味しい。なかなか外子まで美味しい蟹は珍しい。

kayoutei_033

御飯も続いて「蟹玉雑炊」。
この出汁の味は絶品!蟹と玉子の味を殺すことなく、かつしっかりと自分の存在をアピールしている感じで、飲んだ後でも気持ちよく胃の中に消えていった。
今日の夕食は蟹と鰤がメイン食材であったようだ。

香物は白菜、胡瓜、茄子糠漬けで、自家製のもの。

kayoutei_034

最後のデザートは「豆乳杏仁」。

豆乳を杏仁豆腐風にした、甘さ控えめのデザートで、私好み。

kayoutei_035

全体的には、味は控えめで、一口目はちょっと味が薄いと感じるかもしれないが、二口目には頭の中にまで旨さが広がるような感じで、とても不思議な魔法にでもかかったような気がする料理の数々。素材も敷地内に自生している素材や、ご主人自ら主に県内を探し回って見つけてきた素晴らしいものをうまく使っている。もちろん、そのご主人の「想い」をこのように仕上げる料理人の腕も素晴らしいことは言うまでもない。

著名人の方々や、外国からも毎年わざわざ訪れる人も多いと聞く。そんな気持ちになるのもわかるような気がした。もちろん、私はそんなに毎年訪れることが出来るかどうかはわからないが、必ず近いうちに再訪したい宿であることは間違いないことである。

この記事が気に入ってくださったら下記をクリックお願いします。
人気blogランキングへ

にほんブログ村 グルメブログへ

|

« 小松の中華のお店で食べたセットメニューほか色々 | トップページ | 日本三名菓の一つ、森八の「長生殿」は加賀の香りがいっぱい »

石川グルメ(温泉旅館)」カテゴリの記事

コメント

いいな~、ゆっくり宿に泊まってみたいな~
鶴仙渓も那谷寺も今が見ごろなんですってね。

投稿: kapako | 2005/11/18 16:25

kapakoさん
こんばんは。
那谷寺も紅葉真っ盛りでしょう!?
温泉旅館は彼氏に連れて行ってもらいなさい!(笑い)

投稿: あさぴー | 2005/11/18 20:30

心配なのは懐具合?

投稿: おーば | 2005/11/18 22:37

誰の?
あさぴーの??

投稿: あさぴー | 2005/11/18 22:45

もちろん、自分が泊まったら、です。
あさぴーは特別割引料金?

投稿: おーば | 2005/11/19 00:02

なるほど。。。。
でも、おーばさんだったら、ノープロブレムでは??
あさぴーは、どんな場合でもコネは最大限活用したいと思っていますが、なかなか言い出せませんね。(^^;;

投稿: あさぴー | 2005/11/19 08:21

一人じゃ泊まれないでしょうからねえ(ということは×2)。

投稿: おーば | 2005/11/19 22:41

おーばさん
一人でも大丈夫ですよ!
でも、ちょっと、お高くなりますが。(^^;;

投稿: あさぴー | 2005/11/20 08:28

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/70453/7067815

この記事へのトラックバック一覧です: 山中温泉「かよう亭」の夕食は地物にこだわった素晴らしい料理の数々:

« 小松の中華のお店で食べたセットメニューほか色々 | トップページ | 日本三名菓の一つ、森八の「長生殿」は加賀の香りがいっぱい »