« 小松市「本陣記念美術館」の設計は黒川紀章 | トップページ | 「天下の書府」金沢が生んだ明治の三文豪 »

2005/11/27

山中温泉の手打ちそば、うどんのお店「まちや」のおろし蕎麦は旨いが辛かった

machiya08 山中温泉に行ったついでに立ち寄ったお店「まちや」は、地元の人や観光客にも人気のお店のようである。場所は、「あやとりはし」にほど近いところである。

ちょうど、お昼1時過ぎに入ったのだが、お店はいっぱいで、外にも数人順番を待っていた。普段、あまり食事のために待つことが嫌いな私は、混みそうなお店には必ず予約を入れるようにしている。ランチなどでは、混んでいるときはすぐに諦めるほうなのだが、ここはせっかく山中まで来たので待つことにした。

運よく、すぐに団体の客が食べ終わり出来たので、5分くらいで入ることが出来た。しかし後からも2、3組お客が来て諦めて帰って行ったほどの人気だった。ちょうど秋の紅葉シーズンだったこともあるだろうが、大通りに面していないところにしては客の入りはいい方ではないだろうか?

さて、ここ「まちや」は蕎麦もうどんも手打ちである。このお店に来るのは3度目だが、まだうどんは食べたことがない。今回も蕎麦を頼んだのだが、このお店は田舎蕎麦から更科蕎麦まで、色々な蕎麦を楽しむことが出来るお店である。また、変わり蕎麦として月変わりの蕎麦も変わっていて面白い。1月「けし」、2月「梅」、3月「べに花」、4月「桜」、5月「よもぎ」、6月「しそ」、7月「笹」、8月「けし」、9月「ごま」、10月「くるみ」、11月「菊」、12月「柚子」という具合に、季節の旬の味を練りこんだ蕎麦を楽しむことが出来る。

さて、最後に私の食べたおろし蕎麦について書いておこう。私はおろし蕎麦は辛いのが好きである。そういう点では、「まちや」のおろし蕎麦はgoodである。

machiya

写真を見てもわかるだろうか?緑色したのが大根おろしである。これは、まさに大根の青首のところをすりおろしたもの。とても辛くて、鼻にツーンときた。これだけ辛いのは久しぶりに食べた。そうそう、麺は太いのと細いのを選べる。

まちや
加賀市山中温泉東町2丁目ツ24
TEL 0761-78-1266

この記事が気に入ってくださったら下記をクリックお願いします。
人気blogランキングへ

にほんブログ村 グルメブログへ

|

« 小松市「本陣記念美術館」の設計は黒川紀章 | トップページ | 「天下の書府」金沢が生んだ明治の三文豪 »

石川グルメ(そば、麺類その他)」カテゴリの記事

コメント

あの辺、何度かうろうろしたことあるのに、観光客相手の店かと思って通り過ぎてたかも。教えていただいてありがとうございます!カパが好きそうな蕎麦やさんかも。
それにしても、辛そう!四季の庵のおろし蕎麦より辛いですか?

投稿: kapako | 2005/11/27 09:39

kapakoさん
こんにちは。
確かに観光客が多かったですよ。
四季の庵も、まだあさぴーは紹介出来ていません。(T_T)
どうかな?辛さは同じくらいかな?
この頃、四季の庵も行っていないです。
藤井さんばかりで。(^^;;

投稿: あさぴー | 2005/11/27 10:49

あー、四季の庵も更科藤井も最近行ってないです~。来週あたり蕎麦食いに行きたいです。

投稿: かわい | 2005/11/27 20:55

かわいさん
こんばんは。
来週はそば週間かな??(笑い)

投稿: あさぴー | 2005/11/27 21:04

 こんにちは。現在旅行の記録整理中の驢馬人です。
 この蕎麦屋さんも美味しかったですね!! あさぴーさんにお伺いして正解でした。
 大学の抄読会前に急いで書き留めた(笑)内容ですし、時間と共に記憶が風化していくのでおざなりな内容になっているような気もしますが、なんとかアップしました。
 トラックバックさせてください~。

投稿: 驢馬人 | 2006/06/09 10:10

驢馬人さん
こんばんは。
色々食べたのですね!?(笑い)
まぁ、蕎麦でしたら、そちらの方が美味しいお店色々ありそうですが、昔の思い出がプラスになっているかもですね……?

投稿: あさぴー | 2006/06/10 20:36

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/70453/7084637

この記事へのトラックバック一覧です: 山中温泉の手打ちそば、うどんのお店「まちや」のおろし蕎麦は旨いが辛かった:

» 山中温泉を歩いて [おんぼらブログ]
取材で山中温泉(山中町と書く方がまだしっくりくるなあ)。やっぱり山中は好きだなあ。行く度に好きになる。町の雰囲気のせいか、そこに住む人のせいか。今回は貴重な源泉掛け流しの旅館やましたやさんの大女将のお孫さんの山崎さんと、山中出身でフォトグラファー&WEB製..... [続きを読む]

受信: 2006/01/20 02:05

« 小松市「本陣記念美術館」の設計は黒川紀章 | トップページ | 「天下の書府」金沢が生んだ明治の三文豪 »