« 金沢を愛した美人画の竹久夢二と湯涌(ゆわく)温泉 | トップページ | 本格フレンチだが自然な味を楽しめる「シェ・ヌウ」 »

2005/10/20

スパイスレストランという名に惹かれて行ってきました「ラジャリーネ」

rajyarine 加賀市の「世界のガラス館」のすぐ近くにスパイスレストラン「ラジャリーネ」はある。で、スパイスレストランって何?

そう思って、加賀市へ行くついでの時にランチを食べに寄った。看板には、確かに「スパイスレストラン」と書いてあるが、その脇にはオムライスの大きな看板も見かけられる?外観は普通の喫茶店のような感じである。ついでに書けば、内装もはっきり言ってきれいではない。(^^;;

一瞬、本当にスパイスレストランなの?と思って、恐る恐る入ってみたのだが、メニューを見ると、確かにそう書いてあるし、メニューにも4ページに渡って「スパイス効能豆知識」といった説明文も丁寧に書かれている。

しかし、何故かメニューには最初のページから4ページに渡って、オムライスのメニューが並んでいる。(色々なメニューあり!案外、こちらの方がお勧めなのかもしれない?)
えっ!?ここって、辛いオムライスを出すお店なのかな?と思ったら、やっとカレーのメニューが出てきた。一応、ナンやサフランライス、カレーもチキンとポーク、野菜カレーとi色々なメ種類があるみたいだ?それによく見るとカレーの容器もステンレス製であるなど、インドカレーをウリにしているのだなぁ~?とやっと納得。
そしてカレーは、辛さが三段階あって、自分の好みで選べる。・・・・そうそう!Coco壱番みたいな感じ。

実は、ホームページがあって、そこには、イタリアンなどのメニュー表示もあったので、そっちも辛めのものがあるのかと思って、密かな期待をしていたのだが、そちらの方は、そんなに辛く作ったものではないらしい?

まぁ、やっぱり、カレーだけがスパイシーな料理のようである?(聞いてみたわけではないので、もしかしたら他にも辛い料理メニューや、もしくはオムライスやパスタにもスパイスをたっぷり使ってくれるメニューがあるのかもしれないが)

で、私が頼んだのは結局、ランチメニューの「二色カレー」である。
本当は、チキンカレーと野菜カレーの2種類ついているのだが、ご存知の通り私はチキンが大の苦手なので、両方とも野菜カレーにしてもらった。
そして、辛めが好きな私は辛さ2にしてもらった。まぁ、野菜カレーということもあり、辛さ2でもそんなに辛くなかった。どうだろう?Coco壱番では3辛くらいだろうか・・・?
野菜カレーそのものの味は、たくさんの野菜が入って、ボリュームもあってまずまず。850円のランチメニューでサラダと飲み物も付いているので、お得なメニューかもしれない。

今度はオムライスを食べてみよう!

この記事が気に入ってくださったら下記をクリックお願いします。
人気blogランキングへ

にほんブログ村 グルメブログへ

|

« 金沢を愛した美人画の竹久夢二と湯涌(ゆわく)温泉 | トップページ | 本格フレンチだが自然な味を楽しめる「シェ・ヌウ」 »

石川グルメ(カレー・エスニック)」カテゴリの記事

コメント

Pさん
そのオムライスの巨大な看板につられて
食べに行きましたよ~(^^;)でもイマイチでした。
あのお店、タロット占いもしてるんですよ!
当たると評判だったので(もう1年以上前のことです)占ってもらったんですが全く当たりませんでした。。。

投稿: よーちん | 2005/10/21 17:21

よーちん
ははは。確かにあの看板は美味しそうに見えますよね。
イマイチ、じゃ、あさぴーは行かないでおこう・・・。
(^^;;

投稿: あさぴー | 2005/10/21 18:37

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/70453/6170883

この記事へのトラックバック一覧です: スパイスレストランという名に惹かれて行ってきました「ラジャリーネ」:

» 秋葉原といえば「ゴーゴーカレー」 [草加日記]
ヨドバシで疲れちゃったので、もう昼ごはんにします。 秋葉原といえば「ゴーゴーカレー」でしょ。 「ウィンナーカレー」のノーマルサイズにしました。 650円。 ゆで卵もプラスしてね。 50円。 キャベツがどっさり盛られています。 しかもキャベツの追加自由! ルーは真っ黒!ドロドロ! それが、キャベツとゴハンと混ざり合って、絶妙のハーモニー。 ああ、故郷金沢の懐かしいカレーの味�... [続きを読む]

受信: 2005/10/26 17:27

« 金沢を愛した美人画の竹久夢二と湯涌(ゆわく)温泉 | トップページ | 本格フレンチだが自然な味を楽しめる「シェ・ヌウ」 »