« 本格フレンチだが自然な味を楽しめる「シェ・ヌウ」 | トップページ | 小松の中華三昧「朋来軒」と「麗華」のランチはお徳? »

2005/10/22

金沢の老舗料亭「大友楼」が作る駅弁「利家御膳」

ootomorou 金沢には老舗といわれる料亭が、いくつもある。そんな老舗の料亭が作っている駅弁がある。その料亭が大友楼である。

電車での旅行の楽しみの一つに「駅弁」も含まれるだろう?そんな駅弁を、金沢の老舗料亭が作っているとなれば、それだけでも興味を抱いてしまう。

大友楼は、加賀藩の御膳所の料理方を務めていたという歴史をもつ老舗料亭。加賀料理の伝統と格式を守り、長年に渡って食通を魅了してきた名店である。

何年か前に、1万円の駅弁を発売して、全国ニュースでも取り上げられたことがあるのでご存知の方もいるかもしれない。そのときは「駅弁に1万円!?」といった驚きと興味のネタでしかなかったが、大友楼はいたって本気だったらしい。

さて、今日紹介する駅弁は「利家御膳」という弁当。ご覧のように、容器はこの駅弁の専用品で駕籠のようになっている。2002年にNHK大河ドラマ「利家とまつ」が放映されたときに考案されて、それ以来、作られている。

中身は下段にひょうたん型日の丸御飯と梅の花の形の炊き込みご飯など、上段に治部煮や蓮根挽肉挟揚や鰻蒲焼、玉子焼きなどが入り、その内容は加賀藩前田家の宴席献立を参考にしたという。

大友楼はかつて加賀藩の御膳所を務めていた老舗料亭であるため、単に大河ドラマ便乗駅弁にない深い味わいの駅弁で、楽しめる駅弁だ。

欠点は、形が変わっているため、何個も持ち運べないことか・・?何はともあれ、金沢へJRでお越しの方は、是非一度味わって見てはいかがだろうか?車内売りもやっているようである。

この記事が気に入ってくださったら下記をクリックお願いします。
人気blogランキングへ

にほんブログ村 グルメブログへ

|

« 本格フレンチだが自然な味を楽しめる「シェ・ヌウ」 | トップページ | 小松の中華三昧「朋来軒」と「麗華」のランチはお徳? »

石川グルメ(その他)」カテゴリの記事

コメント

仕事で、商工会議所へ行く帰り道、大友楼の前を通ります。入ってみたいな~と思いつつ。

投稿: カパコ | 2005/10/23 18:09

カパコさん
是非行ってレポートお願いします。

投稿: あさぴー | 2005/10/24 23:07

Pさん
おはようございます。
このお弁当 おいしいですよね。
仕事関係で講習会や学会などで金沢へ行くと
だいたいここのお弁当がでるのです。
量的に女性向きでしょうか。デザートも金沢らしく
練りきりのお菓子というのもいいです♪

投稿: よーちん | 2005/10/25 08:54

よーちん
こんばんは。
大友楼のお弁当、千円ぐらいからありますし、案外人気あるみたいですね。
でも、練りきりのお菓子はあさぴーは・・・・。(^^;;

投稿: あさぴー | 2005/10/25 21:13

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/70453/5217781

この記事へのトラックバック一覧です: 金沢の老舗料亭「大友楼」が作る駅弁「利家御膳」:

» たまプラーザ「金沢まいもん寿司」極上とろ(1) [草加日記]
久々にたまプラーザ「金沢まいもん寿司」に行ってきました。 このblogでも再三取り上げた、わたしの故郷の回転寿司…、いや回転はしているのですが、一般の寿司名店に負けない、「北陸ネタ」をそろえた名店です。 並んだ…! やっぱり連休ですからね。 でもまあ、30分ぐらいでカウンターへ。 そして、この写真。 そう「中トロ」でなく「大トロ」でなく、「極上トロ」! ★こんなのまた登録してみました。他... [続きを読む]

受信: 2005/10/26 17:26

» 利家御膳 [いただきます。ごちそうさまでした。]
物産展ネタは続きます こちらは 加賀料亭 大友楼利家御膳 かごのデザインがかわいい 一番上についているのが 右下にも書いてますが 「おてもと」 なんです おもしろい! [続きを読む]

受信: 2005/11/24 16:17

« 本格フレンチだが自然な味を楽しめる「シェ・ヌウ」 | トップページ | 小松の中華三昧「朋来軒」と「麗華」のランチはお徳? »