« 加賀野菜は加賀料理には欠かせない素材です | トップページ | 小松の山奥「新保」自然の中で岩魚を食べてきました »

2005/08/01

志の助、夏の陣?夏は白身魚に貝類、鰻、穴子かな?

shinosuke5 さて、いよいよ8月!夏真っ盛り。鮨屋にとっては昔から商売の難しい季節だったようだ。

昔は冷蔵、冷凍技術が今ほど発達しておらず、また、ネタそのものも、冬のように脂の乗った旬の魚も少ない。どちらかというと、白身系の魚に貝類、うに、タコなど脂身が少ないものが今の時期美味しい。

さて、私の好きな鮨屋の一つである「志の助」に、そんな夏の旬を食べに出かけてきた。行ったのは7月末。毎度のことで、お任せでおつまみと握りを楽しんできた。私は大体、鮨屋ではお任せで食べる。そのほうが、そのお店の良さを理解できると思っているからである。ただ、今回は若干無理なお願いをした。それは「夏の旬」をテーマに握って欲しいと。(^^;;

もちろん、快く引き受けてくれて、出てきたのが写真のつまみと握りである。今回写真で紹介しているものは、いままでにすでに紹介したものは省いてある。

一番左の上は、鮑である。刺身で食べるときは、鮑は獲れたての新鮮なものでないと硬くて美味しくない。生け簀などで生かしておいたものも、時間が経つと硬くなるようである。「志の助」では新鮮な鮑をあら塩で揉んだだけなのであるが、汐の香り、味がとてもいい。たぶん、いい昆布を食べて育った鮑なのだろう?食べると、ほのかに昆布の味が口の中に広がる。一瞬昆布〆かな?と思ったほどである。この活きのいい鮑を肝酢で食べると、これが美味!もちろん、あら塩でも美味しかったが、肝酢の方が酸味が効いて、より鮑の味が引き立つ感じがした。

その下が、万十貝である。煮きりが貝独特の歯ごたえと相まっていい感じである。左の一番下がバイ貝で、あら塩とスダチでさっぱりと。

右側一番上は、キスである。軽く昆布〆してあり、梅肉を乗せさっぱりと食べる夏の鮨。その下が、うなぎ巻きで、これまた夏の定番、オーブンで軽くあぶったうなぎにキュウリ。うなぎの濃厚な味とキュウリのさっぱりとした食感がとても合う。右の一番下は、穴子。脂がとても乗って美味しい穴子に、あら塩とスダチ、それに、柚をおろし金で軽くおろして穴子にかける。ちょっとした味のアクセントが、脂の乗った穴子を引き締める。これまた美味しかった。

夏の鮨もいけるぞ!

人気blogランキングです。この記事が気に入ってくださったら下記をクリックお願いします。
人気blogランキングへ

にほんブログ村 料理ブログへ

|

« 加賀野菜は加賀料理には欠かせない素材です | トップページ | 小松の山奥「新保」自然の中で岩魚を食べてきました »

石川グルメ(鮨、寿司)」カテゴリの記事

コメント

例によって、酷だーーーーっ(笑)。
いずれもいい仕事してありますね。

投稿: おーば | 2005/08/02 00:42

おーばさん
おはようございます。
別名「おーばさん、あぶり出しの術」です。(笑い)
今度は秋かな??

投稿: あさぴー | 2005/08/02 08:01

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/70453/4866835

この記事へのトラックバック一覧です: 志の助、夏の陣?夏は白身魚に貝類、鰻、穴子かな?:

« 加賀野菜は加賀料理には欠かせない素材です | トップページ | 小松の山奥「新保」自然の中で岩魚を食べてきました »