« 多様な空間とスタイルで味わう「ソラマSORAMA」 | トップページ | 加賀の菊酒は昔から美味しいと評判だった?「菊姫」「萬歳楽」 »

2005/07/07

久しぶりの金沢21世紀美術館「拘束のドローイング」

21seikibizyutukan 久しぶりに金沢21世紀美術館の有料コーナーを観てきた。マシュー・バーニー「拘束のドローイング展」である。

これまで、オープニング展に行って以来、無料で入れるコーナーは時々行ったが、今回はマシュー・バーニーという名に惹かれて久しぶりに行くことにした。

マシュー・バーニーは、アメリカを代表する若手現代作家の一人で、奥さんがアイスランド出身のボーカリスト、ビヨークということもあり、とても興味を持って出かけた。「拘束のドローイング」とは、ドローイングを行う際に身体に拘束、制限を与え、そこから生まれる未知の形に挑戦するという意味があるようである。

行ったのは初日(7月2日)で、その日はマシュー・バーニー本人がアーティスト・トークで来ていた。前日のレセプションパーティには、奥さんのビヨークも顔を出したようだが、オープニングの日はビヨークは幕張メッセでのライヴ・エイト・ジャパンに出演していたので、会場には来ていなかった。
今回の金沢21世紀美術館は、マシュー・バーニーの日本での初個展となる。それにあわせて今回のテーマは「日本」。日本をテーマにした新作の、世界に先駆けてのプレミアム発表である。捕鯨や茶道と言ったテーマを、ドローイング、写真、映像、彫刻などの手法で表現している。

実際のところは、これは見ないと損をすると思い見に出かけたのだが、実際見ての感想は「?」であった。(^^;;
凡人にはよくわからないのである。まぁ、ここではあまり書かないでおこう。興味のある方はまずは自分の目で確かめていただきたい。

そうそう、necoさんのブログにも詳しく書かれているので、そちらも参考に。

人気blogランキングです。この記事が気に入ってくださったら下記をクリックお願いします。
人気blogランキングへ

にほんブログ村 料理ブログへ

|

« 多様な空間とスタイルで味わう「ソラマSORAMA」 | トップページ | 加賀の菊酒は昔から美味しいと評判だった?「菊姫」「萬歳楽」 »

石川の美術館」カテゴリの記事

コメント

ブログ開設おめでとうございます!

アクセス数を上げるために当コミュニティサイトに登録しませんか?
http://profile.zmapple.com/cgi-bin/profile.cgi
より多くのひとに貴方のブログを見てもらえます。

参加するにはこちらからが便利です
http://profile.zmapple.com/cgi-bin/profile.cgi?mode=edit&title=%82%A0%82%B3%82%D2%81%5B%82%CC%82%A8%82%A2%82%B5%82%A2%93%C6%82%E8%8C%BE&address=http%3A%2F%2Fasahip%2Ecocolog%2Dnifty%2Ecom%2F


お問い合わせはコチラから
http://profile.zmapple.com/cgi-bin/fmail/cmfmail.cgi

投稿: みんなのプロフィール | 2005/07/07 12:51

あさぴーさん、TBありがとうございます!いつも、あさぴーさんのブログを見て、金沢の食事が美味しそうで、いいな~って思ってます~。私は金沢出張3回、行っているのですが、
全部、日帰りなんですよ~・・・。いつかは金沢で夜、美味しいものを食べれることを夢見てます★

投稿: rie | 2005/07/07 22:38

あさぴーさん

ご紹介して下さってありがとうございます。こちらから見に来て下さった方けっこう多かったです。

あさぴーさんはもう映画の方もご覧になったんですか?
映画見たらいろいろ点が線につながるのかと思ってたんですが、どうかな~

21世紀美術館は地元&近郊からの年配の方や家族連れも多いじゃないですか。で、きっと、そういう場合
「・・・」
となっちゃうかもね、と感じました(^_^;) 
アーティストの好みもあるだろうけど、もうちょっと距離を縮めるような解説があってもいいのに。

水戸芸術館も、その企画の先鋭さは全国レベルでは高評価なのに地元では不人気という構図がありましたけど、21世紀美術館の主催展示もちょっとその傾向感じます。金沢には、そのわけわかんなさも楽しめる風土が広い年齢層であるのかも、とも期待してるんですが。

あと、東京辺りからの集客にはかなり貢献してますよね。その上、水戸と違ってとんぼ返りで結局地域に利益がないってことは少ないだろうし。うん、この違いは大きいですよね。

投稿: neco | 2005/07/08 00:40

rieさん
おはようございます。
こちらこそ、TBありがとうございます。
今度、一泊泊まりで出張できるようにマックに言っておきます。(笑い)

投稿: あさぴー | 2005/07/08 07:58

necoさん
おはようございます。
映画の方は観てません。というか、たぶん観にいかないと思います。(^^;;
展示の方も、最後の方にやっと、「なるほど!こういうことだったのか!?」とわかる始末。なかなか難解な展示でした。
能とと一緒で、観る前に一通りの説明を読んでおけばよかったです。(^^;;

投稿: あさぴー | 2005/07/08 08:00

あさぴーさん、ぜひ~MAKさんに言っておいてください~(笑)。その時は、あさぴーさんおすすめのお店へ行ってみたいです♪

投稿: rie | 2005/07/08 11:15

こんにちは♪
TBありがとうございました。
はじめて行った金沢21世紀美術館に感激してしまいました。
また近いうちに金沢には行ってみようと計画中です。
9月には、巨匠のリヒター展がありますね。
これも絶対行きたいとたくらんでいます。

投稿: yukolonita | 2005/07/08 14:42

rieさん
こんばんは。
了解~~!
ついでに、makにゴチになれば~~!?

投稿: あさぴー | 2005/07/08 20:28

yukolonitaさん
こんばんは。
こちらこそ、コメントありがとうございます。
金沢21世紀美術館、そんなに感激されたのですか!?
それは良かったです。(^_^)
今度も金沢を楽しんでくださいね~!
これからもよろしくです。

投稿: あさぴー | 2005/07/08 20:30

あさぴーさん、こんばんは。
TBこちらからもさせていただきました。
たしかに解説がないとわかりにくいというものも多いけれども、自分の身体のいろんな感覚を総動員して見るという見方もあるんじゃないかなぁと、この展示で思いましたですよ。

投稿: きく | 2005/09/01 00:19

きくさん
おはようございます。
マッシュ・バーニー、実際、見たあとで、もっと事前にある程度知識を得てからくればよかったと思いました。(^^;;
能や歌舞伎を観るのと同じかな?
それなばら、2回見ればよかったのでしょうが、それも出来ませんでした。(T_T)
きくさんの仰るとおり「感覚を総動員」して見るという手もありそうですが、この年になると相当感覚が鈍ってきていますので・・・?(^^;;

投稿: あさぴー | 2005/09/01 08:07

コメント有難うございました。
あさぴーさんのコメント、お世辞でも嬉しい(*^^)v
21世紀美術館大活躍ですね。
金沢に新しい風たくさん送り込んでいます。
これからは伝統と調和していくと、ますます、楽しみな金沢になりますね。

あ~あ、金沢が最期の棲家だったらよかった~

投稿: ヴィオラ@viola | 2005/09/14 11:08

ヴィオラさん
こんばんは。
21世紀美術館、ちょっと難解なものもありますが、やるなら、徹底的にやって欲しいと思っています。
新進気鋭な土地柄の方が、古きを大切にするのかもしれません?

投稿: あさぴー | 2005/09/14 20:58

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/70453/4808901

この記事へのトラックバック一覧です: 久しぶりの金沢21世紀美術館「拘束のドローイング」:

» 金沢出張で、噂のMAKさんを! [「SHARO代官山」便り]
日帰りで、金沢出張に行ってきました。 今回は、帰り間際、「金沢21世紀美術館」に入館でき、感激★ 外国人が結構入っていたので、やはり、海外から評価が高い美術館のようです。 なんと!昨日は、あの!ビョークが来日し、「金沢21世紀美術館」に 来てたそうです... [続きを読む]

受信: 2005/07/07 22:42

» マシューバーニー [ゆるりずむ]
金沢21世紀美術館へ。 建築は妹島和世と西沢立衛というお二人でその筋の方たちには必見らしい。 芝生に囲まれた円形の建物。中にはカフェや図書室、託児室などが。美術の敷居を下げることに力を入れているようで、作品の一つ一つにも小学生が読めるような説明というか、見方みたいなのが書いてあったり。場内は白色が基調。ちょっと目が疲れるけど、なかなかステキな空間。 今回のお目当ては、マシューバーニー「拘束ドローイング9」。 相方ビョークも参加。こっちが本命。 拘束という名の通り、作家になにかしらの負荷... [続きを読む]

受信: 2005/07/13 11:15

» マシュー・バーニー:拘束のドローイング展 [ART遊覧]
映画『クレマスター』シリーズでも知られるアメリカの作家マシュー・バーニー。今回 [続きを読む]

受信: 2005/07/31 14:44

» マシュー・バーニー 拘束のドローイング [ナオのアート道]
 さっき行ってきた。  感想:おーおー ビョークとラブラブぅ〜♪  なんか、そんだけだった。  うーん・・・・・ もっっとエ○グ○なのを期待してたんだけど、そうでもなかった。  ビョーク、最近よく脱ぐなぁ。  結構笑える。吹き出しそうなのもあった... [続きを読む]

受信: 2005/08/01 00:13

» 21世紀美術館 [namincyu☆]
あちーな(>_ 金沢21世紀美術館のサイト 金沢21世紀美術館の記事 金沢に宿泊 [続きを読む]

受信: 2005/08/11 23:25

» ■Matthew Barney's [★究極映像研究所★]
 行きたいけれど行けない展覧会のレポートリンク集を作ってみました。ヴァーチャル鑑 [続きを読む]

受信: 2005/08/12 10:36

» マシュー・バーニー「拘束のドローイング」+レアンドロのプール [ふりかえれば…まろ]
マシュー・バーニー「拘束のドローイング」展を見に行きましたよ。 なかなか行けなくて、最後の週にすべりこむように見にいきました。 覚悟はしていたけれど、本当に見るのにとても体力のいる内容でした。 草間弥生さんの作品を見るときの感じと似ています。 心の中の、スキとかキライとかいう以前のところで、生理的なところをぐらぐらと掴まれて、えぐられているような気持ちになります。 ストイックに�... [続きを読む]

受信: 2005/09/01 00:14

« 多様な空間とスタイルで味わう「ソラマSORAMA」 | トップページ | 加賀の菊酒は昔から美味しいと評判だった?「菊姫」「萬歳楽」 »