« 「勝ちゃん」の兄弟がやっているお店「清ちゃん」 | トップページ | 加賀百万石の文化に育てられた「能・狂言」 »

2005/06/19

太平寿し再び!いや~楽しませてもらいました

だいぶ前に紹介した野々市の太平寿し。久しくお邪魔できなかったが、先日久しぶりに行ってみた。さすが太平寿し!十分に堪能させてもらいました。

本当はラーメンを食べにふらりと出かけたのだが、なぜか途中で太平寿しの方に足が向いてしまった。(^^;;久しぶりに美味しい写真中心で紹介したいと思う。今日はあまり余分なことは書かないでおこう!(笑い)

まずは、おつまみ編。

Taheizusi_004
Taheizusi_002_2

写真は、鱧の梅肉のせ、白身魚梅肉あら塩。

Taheizusi_009
Taheizusi_006

イカ(お造り、げそ炙り)、しめ鯖。

Taheizusi_007
Taheizusi_012 

ぼたん海老、バイ貝。

Taheizusi_014
Taheizusi_008

アワビ肝しょう油、イカ詰め。

Taheizusi_001
Taheizusi_022

じゅんさいと玉子。

どれも、へぇ~、旨い!の連発であった。

次は握りである。

Taheizusi_017
Taheizusi_019

まずはマグロのヅケ、甘エビ。

Taheizusi_018
Taheizusi_010 

コハダ、イカを少しあぶったもの。

Taheizusi_013
Taheizusi_020 

アワビ、アジ。

Taheizusi_005
Taheizusi_011 

サバ、万十貝。

Taheizusi_025
Taheizusi_026 

最後はノドグロの蒸し物寿し、ネギトロ巻である。

握りも、毎度変わらず、さすがの仕事ぶり!

何も言うことはありません。

太平寿しのご主人、当方の酒の進み具合と、お腹の具合にあわせて絶妙のタイミングでつまみや握りを出してくれる。これもプロの技だろう!?

満足満足!!

人気blogランキングです。この記事が気に入ってくださったら下記をクリックお願いします。
人気blogランキングへ

にほんブログ村 料理ブログへ

|

« 「勝ちゃん」の兄弟がやっているお店「清ちゃん」 | トップページ | 加賀百万石の文化に育てられた「能・狂言」 »

石川グルメ(鮨、寿司)」カテゴリの記事

コメント

私も10年程前に野々市に住んでました。太平寿し懐かしいです。

投稿: おさかな君 | 2006/04/30 07:14

おさかな君さん
こんにちは。
そうですか!?野々市にお住まいだったのですね。
10年前だと、だいぶ、街も変わっていますよ。
また、是非お越しを!

投稿: あさぴー | 2006/04/30 10:31

あさぴーさん、はじめまして。いつも楽しませていただいてます。先日、初めて太平寿しさんで食べてきました。
めちゃめちゃうまかったです。違う世界を知ったような喜びがありました。大将もすごく気さくで雰囲気もよかったです。

あさぴーさんオススメの志の助さんにも是非トライしてみようと思っております。

予約していった方がいいですかね?
太平寿しさんの大将さんは電話して来てくれる方がベター、とおっしゃってました。

投稿: けん | 2006/07/14 14:06

けんさん
こんばんは。
コメントありがとうございます。
志の助ですが、週末は予約していった方がいいと思います。
太平寿しさんもいいですが、志の助さんも最高です。
是非一度行ってみてください。

投稿: あさぴー | 2006/07/14 22:07

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/70453/4526299

この記事へのトラックバック一覧です: 太平寿し再び!いや~楽しませてもらいました:

» 回らない寿し [Hokuriku Style]
金沢にはいくつもの回転寿しの店があり、うまいところも多いのだがたまには"回らない寿し"が食べたいと思い、思い切って行ってみた。 今回訪れたのは金沢の郊外、野々市町にある「太平寿し」である。 ここはこの辺りでも有名で地元の著名人も訪れる店であり、技術で勝負している。ネタの新鮮さで名が挙がるのは金沢港近くの「宝生寿し」であるが、ここのネタも決して悪いわけではない。ネタはもちろん新鮮だが、なんといっても"仕事"が素晴らしい!普段は回転寿しで醤油を多めにつ..... [続きを読む]

受信: 2005/06/19 08:40

« 「勝ちゃん」の兄弟がやっているお店「清ちゃん」 | トップページ | 加賀百万石の文化に育てられた「能・狂言」 »