« ガラスアートも奥深い「能登島ガラス美術館」 | トップページ | 涙が出るほど美味しい?志の助「なみだ巻き」 »

2005/05/23

やっと行けました!日本料理「銭屋」

zeniya_008 「行きたい」と恋いこがれていたお店の一つである「銭屋」。なかなか行く機会がなかったお店である。

今回、やっと行くことが出来たのでさっそく書きたいと思う。

金沢にも料亭はたくさん存在する。「浅田屋」「つる幸」「金城楼」「大友楼」などであり、大体が老舗の料亭で古くからやっているところが多い。

この「銭屋」は先代の高木信氏が一代で築いたお店で、いまのご主人の慎一朗氏が二代目という比較的歴史の浅い料亭である。慎一朗氏もまだ30代。しかしながら、若いからこそ従来の慣習にとらわれずに、素材の良さ旨さを活かした料理を作ることが出来ているということである。

二代目、慎一朗氏は日本一の料亭と言われている、京都の吉兆で修行した。相当苦労されたそうだが、やはりその経験がとても今に活きているそうである。

実は、「銭屋」にお邪魔した日は予約が入っていた北海道のお客様が飛行機の欠航によるキャンセルで、なんと!カウンター席は私達だけが独占。慎一朗氏から色々楽しいお話を色々聞くことが出来、とても良かった。もちろん、料理の説明から寿司屋の話題まで、盛りだくさんの話題をよどみなく話す二代目のお陰でとても楽しいひと時を過ごすことができた。
そうそう!慎一朗氏は、前にも紹介した「更科 藤井」の藤井さんと従兄弟。料理のカテゴリーは違うが、やはり料理人のDNAが受け継がれているのであろう?

銭屋といえば「あわびステーキ」が有名である。もちろん、今回は予算(?)の関係で食べることが出来なかった。次回は是非食べてみたいと思っている。

zeniya_018 なお、料理の写真は次回のお楽しみということで、今回は飲んだお酒のことを少し書いて終わりにしたい。私は、このようなお店に行ったときは、お店の人のお勧めの酒を飲むことにしている。そのほうが出てくる料理に合わせて選んでくれ、美味しく飲めると思っているからである。
今回、飲んだ日本酒はどちらも山廃純米酒。写真の宮本酒造の「夢醸 極み山廃純米」。それと、福光屋「加賀鳶 山廃純米」。
宮本酒造の「夢醸 極み山廃純米」は旨かった!古酒のような芳醇な味わいが、銭屋の料理に良く合っていた。もちろん、福光屋「加賀鳶 山廃純米」も、逆にすっきり切れのいい味わいで、これまた後半の料理にぴったりの酒。さすが「銭屋」である。

ということで、今日のところはここまで。次回の料理編をお楽しみに!

人気blogランキングです。この記事が気に入ってくださったら下記をクリックお願いします。
人気blogランキングへ

にほんブログ村 料理ブログへ

|

« ガラスアートも奥深い「能登島ガラス美術館」 | トップページ | 涙が出るほど美味しい?志の助「なみだ巻き」 »

石川グルメ(お酒)」カテゴリの記事

コメント

あさぴーさん、こんばんは。
TBありがとうございます。
カウンター独占なんてとっても羨ましいです。
一度体験してみたい。
あわびのステーキ、絶品ですよ。
お料理編も楽しみにしています♪

投稿: きく | 2005/05/25 00:07

きくさん
おはようございます。
「あわびのステーキ」そんなに絶品ですか!?
お取り寄せも出来ますよね。。。
(^^;;
料理編、Coming soon!です。お楽しみに。

投稿: あさぴー | 2005/05/25 08:09

楽しんでいただけたようで何よりです。またのご来店をお待ちしております。今週から、いよいよ鮎が始まりますよ!!

投稿: takagi | 2006/06/12 20:37

おや?
ご主人ですか?
コメントありがとうございます。
鮎の季節ですね!?
行きたいですが、なかなか時間が取れません。
(^^;;
今後ともよろしくお願いします。

投稿: あさぴー | 2006/06/12 21:26

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/70453/4167569

この記事へのトラックバック一覧です: やっと行けました!日本料理「銭屋」:

« ガラスアートも奥深い「能登島ガラス美術館」 | トップページ | 涙が出るほど美味しい?志の助「なみだ巻き」 »