« インドめし「ティルパティ」はインド人シェフで本格インド料理 | トップページ | 特選素材「鮑」の食べ方三様 »

2005/03/28

ハラグロ?違います「ノドグロ」という美味なる魚

nodoguro私が一番好きな焼き魚といえば「ノドグロ」である。ノドグロは赤ムツのことであるが、その名の通りノドの中が黒いのでその名がついた魚である。

ノドグロはある程度深い海に住む魚なので、底引き網で獲られる魚である。よってこちらで出回るのは秋から冬にかけて。もう旬の時期は終わったが、今年の秋まで待てないので書くことにする。

ノドグロは赤ムツであると書いた。一見、鯛のようにも見える。
実は、石川では20年ほど前には、そんなには一般家庭では食べられていなかった。私も小さいころから食べた記憶がない。20年以上前までは、主に新潟のほうでよく食べられていた魚らしいが、近年、美味しいということで石川でも食べられるようになった。この頃は本家新潟よりも金沢での消費が多くなっており、ノドグロ=金沢といったイメージが一般的になってきているのかもしれない。

私が好んで食べるノドグロの調理法は、「塩焼き」である。白身魚でありながら脂が乗り、かつ鯛のように身にぱさつきがないから、口の中で旨みがジワーッと広がる。たぶん、塩焼きにして一番旨い魚だろうと思う。あと、白身で脂が乗っていることから煮付けでも旨い。もちろん、新鮮なノドグロは刺身や鮨ネタとしても逸品である。

写真は、前にご紹介した「めくみ」で出された、ノドグロのタタキである。焼いたときのうまさと香ばしさ、それに生の白身の歯ごたえと旨さ。申し分ない出来だった。これも新鮮な素材を吟味して全国から仕入れる「めくみ」のご主人のなせる業であろう。

さて、秋が楽しみである。また美味しいノドグロに出会える。

人気blogランキングです。

|

« インドめし「ティルパティ」はインド人シェフで本格インド料理 | トップページ | 特選素材「鮑」の食べ方三様 »

石川グルメ(鮨、寿司)」カテゴリの記事

コメント

あさぴーさん、ノドグロはタタキもあるのですね。きなこは生と焼きしかいただいたことがないのでこちらも是非いただきたいです。とはいえ、じつはノドグロのプロフィール?を知らず思いつきでオーダーをして好きになったのであまり偉そうなことは申し上げられませんが(笑)。

投稿: きなこ | 2005/03/28 20:36

きなこさん
ノドグロは味噌焼きでも美味しいですよ。
ノドは黒くても、腹は黒くない魚です。
あさぴーは魚は焼き魚が好きです。もちろん、煮付けの美味しい魚は煮付けで食べますが。

投稿: あさぴー | 2005/03/30 19:55

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/70453/3469146

この記事へのトラックバック一覧です: ハラグロ?違います「ノドグロ」という美味なる魚:

» これです [purple@]
業務連絡。 のどぐろとはこんな魚です。 http://asahip.cocolog-nifty.com/asap/2005/03/post_13.html ... [続きを読む]

受信: 2005/03/29 20:49

« インドめし「ティルパティ」はインド人シェフで本格インド料理 | トップページ | 特選素材「鮑」の食べ方三様 »