« フレンチのシェフがやっているが和食も美味しい変な店「旬菜焼はざま」 | トップページ | 石蔵を改造した小粋なお店は「一山楼」 »

2005/02/21

建築家丸谷博男さんの本籍は石川県です

maruya私はこのブログで紹介するお店や物は、必ず、石川県に存在しているか、もしくは作っている物である。また、人の場合は住んでいる、出身であるか、もしくは何らかの縁がある人に限っている。

今回は本籍地が石川県ということでご紹介するのは、建築家の丸谷博男さんだ。

●プロフィール
丸谷 博男(まるや ひろお)
NPO梅ヶ丘アートセンターフェローシップ代表
千葉大学工学部建築学科非常勤講師
東京芸術大学非常勤講師
2002年東京芸術大学、女子美術大学、沖縄芸術大学より「素材と造形論」の非常勤講師依頼を受ける
一級建築士事務所(株)エーアンドエーセントラルarts and architecture代表

丸谷さんと知り合って、もうかれこれ15年ほど経過している。
それ以来お付き合いをさせていただいているが、ここ2年ぐらいは疎遠になってしまっている。
彼は、東京芸大の建築学科卒業。その後、大学院で、OMソーラーで有名な奥村昭雄先生に師事し、環境共生型住宅の設計やまちづくりなどに取り組んできた。

丸谷さんは多才な方である。先ほど述べた環境共生型住宅、まちづくり、オープンデスク&スクール、それにギャラリーも運営し、各種勉強会、講演会なども精力的にこなしている。昔、よく一緒に全国各地を回ったりしたのが、そのバイタリティと人脈の広さに驚嘆の一言であった。
ワークショップ手法を使った「まちづくり」など使い手参加型の環境改善手法の開発など丸谷さんと一緒に取り組んでいたこともあった。そのときは小松でもワークショップの全国大会「ワークショップin小松」を開催したり、九州柳川での病院の改造計画にその手法を取り入れ、患者さんと病院スタッフの共存のあり方を探るなど、私の今の素地はそのときの経験から育まれたといっても過言ではないかもしれない。

「ワークショップin小松」では、全国から100人以上の、まちづくりに取り組んでいる方々を集め、まちづくりに置けるワークショップのあり方について議論しあった。当時としては先進的な試みだったと思うし、九州での改善では、立場や地位の違う人たちの合意形成をどのようにしていくかといったところで、大変勉強にもなった。
更には、全国の旨いものや酒には目がなく、いつも各地で美味しいものを一緒に食べに行ったり薀蓄をお聞きしたりと、ある意味、私のとってのグルメの師匠さんでもある。

丸谷さんは、小松での「ワークショップin小松」が縁で、石川県でもいろんなお店や旅館の改造も手がけている。前にご紹介した小松三日市のすみげんの店舗改装も彼の設計である。

また、一昨年まで3年間、お寺や料亭を使って催した「小松の夜を楽しむ会」にもご協力を頂いてたことも今は懐かしい思い出だ。
何に対しても興味を持ち、真摯な態度で我々にも接してくれる丸谷さん。私にとっては永遠のお師匠さんであって欲しい人の一人である。

人気blogランキングです。

|

« フレンチのシェフがやっているが和食も美味しい変な店「旬菜焼はざま」 | トップページ | 石蔵を改造した小粋なお店は「一山楼」 »

文化・芸術」カテゴリの記事

コメント

はじめまして、あさぴーさん。
先日、伊礼さんのブログで拝見して、訪ねてみましたが、TBありがとうございます。
丸谷さんの本籍地は、山梨県だとばかり思っていました。石川県なんですか。
僕も丸谷さんと九州や広島に講演で行きましたが、各地に熱烈丸谷ファンクラブがあって、びっくり!メンバーは自己表現が得意な「おばちゃま」が多く、夜を楽しませていただきました。
今、丸谷さんにブログを開設させる運動を展開しています。是非ご協力を!
名刺代わりに、ランキングぽちっ!

投稿: 東京町家 | 2005/03/02 23:38

どうもコメントありがとうございます。
東京町家のブログ、とても充実していますね!?
丸谷さん、伊礼さんには色々お世話になりました。
丸谷さん、いつもメルマガ送ってくれますが、いつもブログにしたらと思っていました。これで、1年半ぐらいお会いしていないかな??

投稿: あさぴー | 2005/03/03 19:48

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/70453/3018097

この記事へのトラックバック一覧です: 建築家丸谷博男さんの本籍は石川県です:

« フレンチのシェフがやっているが和食も美味しい変な店「旬菜焼はざま」 | トップページ | 石蔵を改造した小粋なお店は「一山楼」 »